成城石井の人気「無加糖甘酒」3選*アルコールを含まず自然な甘さがGOOD

美容・健康(心の健康にも)良いと言われていている甘酒。
しかし甘酒は「アルコールが入ってるし甘ったるくて苦手」とゆう方もいらっしゃいませんか?
そんな方は、アルコールを含まず自然な甘さが特徴の、無加糖甘酒を試してみてはいかがでしょうか?
成城石井で人気の無加糖甘酒を3種類ご紹介します。

本日 0pv

合計 1517pv


スポンサードリンク

  出典 msp.c.yimg.jp



アルコールを含む酒粕からつくる甘酒は砂糖で甘さを出しますが、米麹からつくる甘酒は、砂糖を加えず、麹を糖に変えた自然の甘さ。
アルコールは含みません。

粒々感と、麹の自然な甘さが特徴です。



創業120年、老舗の高級味噌製造会社がつくる無加糖の甘酒。
コップ2杯分(約300CC)の水で薄めて飲みます。



~飲んだ人の感想~

無加糖とは思えないほど甘味があってまろやか。
昔なつかしい甘酒の味がクセになりそう!

さらりとした飲み心地なので、夏にも飲みやすいです。


写真左の赤いパッケージの方です。



米、米糀のでんぷんを分解し、自然の甘みを引き出しました。
アルコール無添加、佐藤不使用のストレートタイプの甘酒。



~飲んだ人の感想~

すっきりした甘さで飲みやすい。
蓋を開けて容器のまま温められるのも画期的です!

体が温まる生姜入りなので、冷え性の方におすすめ。

お料理にアレンジする方もいます。(レシピは記事の一番最後に掲載)


  出典 msp.c.yimg.jp



2016年、プラス糀の甘酒シリーズに新たに加わった生姜ブレンド。
香り高い生姜粉末入りで、甘酒に苦手意識がある人からも好まれそうな味。



~飲んだ人の感想~

いつも甘酒には生姜をすりおろして入れていたのですが、これならその手間も省けて嬉しい。


  出典 msp.c.yimg.jp

べったら漬け



イチョウ切りにした大根250g(約4分の1本)に6gの塩をふり、重しを乗せて一晩置く。

水気をしっかり切り保存袋に入れ、甘酒100gを加えよく揉む。
2~3日後が食べごろです。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.