プログラミングで仕事を広げる。高収入・自由な働き方もできると話題

現在就職や転職でプログラミング技術がモノを言う!

本日 0pv

合計 717pv


スポンサードリンク



就職や転職で、プログラミング技術がモノを言う。

起業からのニーズが高く、高収入につながるという。
技術力があれば、IT系に限らず、幅広い業種で活躍できる。

最近は若い女性の関心も高いようだ。

どんな能力が歓迎されるのか。
現状を見た。


  出典 ord.yahoo.co.jp



東京・渋谷で開かれた女性向け公開講座。

ウェブデザイナーの村田あつみさん(24)が実技を披露し、「プログラミング能力が、あなたの仕事の幅を広げてくれます」と参加者を激励した。

営業や販売といった職種の参加者が目立つ。
「もっと自分の個性を生かせる仕事がしたい」と願う彼女たち。

どうすれば夢はかなうのか。
スキルの有無がカギを握ると、村田さんが体験を語った。

主催したのは、プログラミングスクール「テックキャンプ」。
取締役の中山紗彩さんは「女性の多い職場などでは、ITスキルがあるだけで希望部署に登用された話を聞く」。

ただし、スキルとは、ワープロや表計算ソフトより一歩先。プログラミングだ。

政府も、小学校からのプログラミング教育を打ち出した。
中山さんは、この能力の利点を挙げる。

①企業のニーズが高い
②高い収入を得られる
③自由な働き方がかなう

まず①の転職の求人倍率でみると、全業種平均の1.80倍に対し、ITエンジニアは3.10倍(リクルートキャリア調べ)。
中でもネット関連の専門技術者では5.10倍にも達する。

②は、平均時給の差が明確だ。
派遣社員の平均は1627円だが、システムエンジニアやプログラマーは2398円と高水準にある。

そして③。
スキルがあれば働く時間や場所の自由度が広がり、育児しながら自宅で働ける可能性も高まる。と中山さんはいう。

では、いまどんな技術に需要があるのか。
プログラマー向けの共同開発ツールGitHubで、人気のあるプログラム言語を見ると、Javaの上昇が目立つ。
RubyやPHPも人気だ。

金融機関の大型コンピューターなどでも、Javaは拡大している。
損保ジャパン日本興亜の浦川伸一取締役は「COBOLという古い言語で書かれた基幹システムの大半をいま、Javaで書き直している」と明かす。

GitHub日本法人の堀江大輔さんは言う。
「プログラミングは業種を問わない。NASAでもトヨタ自動車でも、ソフト開発は欠かせない技術だ」。

高額報酬で知られる投資銀行のゴールドマンサックスも、今では3千人のJavaエンジニアが働いている。


  出典 ord.yahoo.co.jp



テックキャンプの中山さんのもとで学ぶ女性2人が、プログラミングの楽しさを語った。

山本恵美さん(24)は大手損保会社を退職し、スキルを習得中だ。
数か月の受講で、スマホ用のアプリ開発を身に付けた。

櫻本静香さん(21)は政法大学社会学部の4年生。
就職活動も成功したという。

「私たちのような「ゆるふわ女子」も、一発発起しています」と笑う。

「あらゆる事象がソフトウェア化される時代。プログラミング能力の重要さは、今後も増すでしょう」と中山さんは話している。


  出典 ord.yahoo.co.jp



①好奇心が旺盛

技術研磨が好きな人は、勝手にキャッチアップして技術を身に付け、伸びていく

②サービス思考 
自分の技術を活用して、顧客にどんなサービスを提供できるかの視点

③コミュニケーション能力
チームワークを重視し、情報をきちんと共有する

④謙虚な向上心
修正、改善のアドバイスを受け入れる「オープンマインド」

⑤非エンジニアへの理解
営業や販売など他部門のざっくりとした要望を実現できるか



①パソコンやスマホのアプリ開発

②ウェブサイトなどネット系サービス

③銀行や証券会社の決済システム

④テレビやビデオなど家電の組み込みソフト

⑤乗り物の制御装置や工場の運転管理



ウェブサービス開発で人気の言語で、小規模なプログラム作成に適する。
ウェブサイトを表示するHTMLファイルの中に直接、記述して実行できる。



1995年に登場した比較的新しい言語。
基本ソフトの違いによらず動作する。

日本での技術者数が最も多く、企業向けのシステムでも広く使われる。



日本人技術者まつもとゆきひろ氏が、楽しく扱える言語を目指して開発。

広く世界中で使われ、従来の人気言語「Perl」からの乗り換えも進む。



ウェブサイトの作成に使われる



科学計算に強く、研究機関などで広く活躍



ソフトウェア開発に幅広く使われる

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.