ぽっこり下腹を引っ込めたい!

ペタンコお腹を作る方法

本日 0pv

合計 684pv


スポンサードリンク

ダイエットを始めたのは良いけれど、下腹だけが引っ込まないことはありませんか?せっかく痩せてきたのに、下腹は洋服の上に乗ったままだと悲しいですよね。そこで今回はぽっこり下腹を解消する方法をご紹介します。

♥腸活で代謝アップ

ダイエットを始めると、食生活が変わることから便秘になりやすくなる人が多くなるのだそう。

便秘は腸内に老廃物を溜めた状態。ずっと長い間その状態でいると、腸が老廃物を吸収してしまい、むくみや脂肪に繋がりやすくなってしまいます。

そこで腸活で便秘になりにくい体を作っていきましょう。

ヨーグルトや漬物、味噌などの発酵食品を摂取することで腸内細菌を増やすことができ、便秘を解消しやすくすることができますよ。

できるだけ数種類のものを食べるのがオススメです。

♥お腹マッサージで脂肪を柔らかく

食事で便秘を解消することも可能ですが、中には食事でも難しいという人もいるようです。

そんなときはお腹のマッサージで腸のバランスを整えていきましょう。

仰向けに横たわったら、おへその上に指4本を置きます。そして、「の」の字を描くようにマッサージしてみてください。

特に右下と左上は老廃物が溜まりやすい部分なのでしっかりほぐしてくださいね。

♥ドローインでインナーマッスルを鍛える

「ドローイン」とは、特殊な呼吸を行うことでインナーマッスルを鍛えることができ、ほっそりしなやかな体を作ることができますよ。道具や広い場所の確保の必要がないことから、簡単に取り組めますね。

まず、背筋を伸ばし、鼻からゆっくりと大きく息を吸います。この時、お腹は凹ませたまま胸をふくらませるのがポイント。次に、一呼吸置くようにして息を止めます。この時にお尻に力を入れるようにすることで、ダイエットに効果をもたらしますよ。

そして、口から息をゆっくり吐きながらお腹全体を凹ませていきましょう。最大限まで凹ませたらその姿勢をキープしてくださいね。

♥猫背改善でお腹をほっそりに

もしかしたらぽっこりお腹になってしまうのは猫背が原因なのかもしれません。猫背のように背筋が曲がってしまうと、お腹は自然と出っ張りやすくなります。

猫背になると、ぽっこり下腹だけでなく、全体が太って見えるので早めに改善することが大切ですよ。

壁に背中・頭・腰・かかとをつけて5分ほどキープしていきましょう。このとき、腰と壁の間は手の平がギリギリ通るようにしてくださいね。

♥ひねり運動で筋肉を作る

脂肪を燃焼させるためにはやっぱり筋肉によるエネルギー消費が重要になっていきます。そこでお腹の筋肉を鍛えていきましょう。

腹筋運動で腹横筋を鍛えたり、腹筋運動にひねりを加えて腹斜筋を鍛えることでぺたんこお腹に繋がりやすくなります。

特に腹斜筋はくびれを作るのにも重要な筋肉なので意識的に鍛えるようにしてくださいね。

いかがでしたか?

今回はぺたんこお腹を作るためにやりたい事をご紹介しました。

ぺたんこお腹はしっかりケアを行うことで作りやすくすることが出来ます。

ぜひ参考にして、美ウエストを作ってくださいね。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.