被爆者のサーロー節子さんら 平和賞授賞式前に会見

ノーベル賞の授賞式を10日に控え、ノルウェーのオスロでは平和賞の授賞式で被爆者として演説するサーロー節子さん(85)らが会見しました。

本日 0pv

合計 86pv


スポンサードリンク
  

出典 Youtube

被爆者のサーロー節子さんら 平和賞授賞式前に会見(17/12/10)

ノーベル平和賞に選ばれた核兵器廃絶を目指すNGO(非政府組織)「ICAN(アイキャン)」の事務局長らが授賞式を前に会見し、被爆者のサーロー節子さんは、北朝鮮問題で「絶対に核兵器を使ってはならない」と訴えた。
サーロー節子さんは「米朝の指導者は、とても直情的なようで非常に危ない。何があっても核兵器は使ってはいけない」と述べた。
サーロー節子さんはノルウェーで会見し、「わたしたちが経験したことは、誰も経験すべきではない」、「核兵器は受け入れられない苦しみだ」と述べ、トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長に核を使わないよう訴えた。
この日は、ICAN主催の集会も開かれ、被爆者の田中熙巳さんらが参加し、今後も核廃絶に向け働きかけていく考えを強調した。
授賞式は日本時間の10日夜、行われる。

  出典 サーローさん「核兵器を使ってはならない」(FNN)
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.