皮膚の病気に効果があるらしい。滋賀の須賀谷温泉


戦国武将も通っていた温泉をご紹介します。

本日 0pv

合計 311pv


スポンサードリンク

  出典 www.sugatani.co.jp



滋賀県北東部、JR北陸線河毛駅から東へ車で約10分。
長浜市にある須賀谷温泉の自慢はその歴史と独特の赤茶色の湯だ。

周辺を治めた戦国大名の浅井長政(1545~73)と、妻で織田信長の妹お市も湯治に通ったとの言い伝えが残る。

源泉には1リットルあたり約11ミリグラムの鉄分を含む。
空気に触れて酸化し、赤茶色になる。
皮膚の病気に効果があるとうたい、「傷がすぐ治ることから戦国武将も通ったのではないでしょうか」と担当者。

温泉は、信長に滅ぼされた浅井氏の居城小谷城跡のふもとにひっそりとたたずんでいる。
10年ほど前から通う滋賀県東近江市の丹田建治さん(76)は「田んぼに囲まれた環境も、夕焼けが山に映える風景もすばらしい」。

大人千円、1~12歳500円。
問い合わせ:須賀谷温泉 0749・74・2235


  出典 www.sugatani.co.jp

  出典 www.sugatani.co.jp
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.