本日 0pv

合計 280pv


スポンサードリンク

夏の定番、冷奴。あっさりしていて冷たくて、食欲のない暑い日でもおいしく食べられるのが魅力。続くと飽きてきますが、「まあいいか」と妥協して食べていることも。そんな方はちょっとしたアレンジを加えて、バリエーションを増やしてみましょう。今回は料理研究家の筆者が、冷奴の簡単アレンジ法をご紹介します。

■冷奴は夏にピッタリ!

豆腐はご存知の通り大豆食品です。大豆食品といえば、たんぱく質が豊富。健康には必要不可欠な栄養素で、美肌作りにも欠かせません。それに、豆腐はほとんどが水分でできています。それはもう、水をいっぱいに吸った四角いスポンジのよう。夏の暑さでカラカラになったカラダへの水分補給としても、ピッタリの食材です。

■冷奴をもっとおいしく

冷奴の食べ方としては、ネギをのせてかつお節をふり、醬油をかけるのが一般的。そこにちょっとアレンジを加えれば、別メニューに生まれ変わり、日々別の味が楽しめて飽きがきません。

(1)オリーブオイル×塩であっさりと

いつもの冷奴にオリーブオイルをかけ、岩塩をふってみてください。あっさりとした味付けに、豆腐のまろやかさが引き立ち、見事な調和が生まれます。シンプルイズベスト!

(2)ラー油×ザーサイでピリ辛に

豆腐の上にまずザーサイをのせ、ラー油をかけてください。ピリ辛冷奴のできあがり。豆腐のやわらかさと、ザーサイの歯ごたえの絶妙なコラボレーション。白髪ねぎを刻んでのせると、おいしさもさらにアップ!

(3)トマト×ドレッシングでフレンチ風に

トマトを5㎜角に切って、豆腐の上にのせてください。そこにフレンチドレッシングと醬油を少しかけます。さらにお好みで粗びき黒胡椒などをかければ、パンチのある味に。ドレッシングをイタリアンタイプに変えるなど、アレンジもできます。

(4)卵黄で月見風に

豆腐の上にスプーンで小さく穴をあけ、卵黄をのせてください。麺つゆをかけ、ごま油を少し加えてできあがり。卵黄のまろやかさが合わさって、ちょっと濃厚な冷奴の味が楽しめます。

いかがでしたか? これからますます冷奴がおいしく感じる季節です。アレンジもしやすい食材なので、ぜひいろいろ試して、オリジナル冷奴を作ってみてください。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.