綺麗になりたい女性の中で流行している「菌活」のよくある疑問まとめ

綺麗になりたい女性や、腸内環境を整える為に菌活を始めている人が増えています。

本日 0pv

合計 162pv


スポンサードリンク



体にいい働きをする❝菌❞を多く含む発酵食品を、積極的に食生活に取り入れて腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えること。
発酵食品とは、微生物など菌の働きによってできる食べ物で、発酵させることにより旨みがUPするだけでなく、
健康に嬉しい効果がいろいろと期待できます。



①甘酒
②ヨーグルト
③納豆
④味噌・しょうゆ
⑤塩麹・しょうゆ麹
⑥かつおぶし
⑦ピクルス・キムチ・漬け物
⑧日本酒・ワイン





①発酵食品はどう体にいいの?

微生物など菌の働きによってできる発酵食品は料理に使うことで旨みと栄養価がUPしておいしくなります。
また、発酵によってつくり出された酵素や有益菌などの成分は腸内環境を整え、便秘の解消・アレルギー症状の緩和・免疫力がUPするなどの効果が期待できます。

②効果的な食べ合わせってある?

乳酸菌と麹菌の相性はとてもよく、一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。
逆に納豆菌は繁殖力が強いので、他の有益な菌の増殖を抑え込んでしまい共存が難しいといわれ、
単独で十分栄養に。
腸内でいい菌を育てるために、腸内の善玉菌のエサになる植物繊維やオリゴ糖を摂ることも大切です。

③菌活食材の調理温度の効果的な方法って?

酵素を生きたまま摂取するには、加熱しすぎないほうがベター。
甘酒を温めるときは60℃程度に。
ヨーグルトの乳酸菌は40℃以上になると死んでしまいますが、死菌となっても善玉菌の有益なエサとなり、NGではありません。
納豆な熱に比較的強く、加熱しても美肌効果のある成分は残るといわれています。

④一日どのくらいの菌活食材を摂ったらいい?

発酵食品は摂取しても数日で体外へ排出されるので、毎日の食事メニューに取り入れることを習慣化することで効果が出やすくなります(目安は甘酒200ml、ヨーグルト〈無糖〉1カップ、納豆は1パック程度)。
量よりも、バランスよく継続して摂取することが大切です。

⑤子どもと大人、男女、世代で取り入れるべきものは?

子どもはいろいろな菌を摂り、バランスよく共存できる腸内環境をづくりを。
女性は美容効果の高い甘酒を浅井に飲むのがおすすめ。
中年太りがきになる男性は、塩を塩麹に、しょうゆをしょうゆ麹にするなど脂肪を脂肪酸に変える調味料にしてみて。
前世代共通して、味噌汁はぜひ毎日の食事に。


↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.