女流棋士の香川 愛生が可愛い

香川 愛生は、日本将棋連盟所属の女流棋士、元・奨励会員。女流棋士番号は40。中村修九段門下。東京都狛江市出身。愛称は「番長」。立命館大学文学部に在学中

本日 1pv

合計 2287pv


スポンサードリンク

  出典 www.asahicom.jp

女流プロになるまで
2005年(第37回)、2006年(第38回)の女流アマ名人戦で2連覇。第27回(2006年)全国中学生選抜将棋選手権大会(女子の部)でも優勝。
2007年4月に女流育成会に入会。2007年度後期と2008年度前期で昇級点を獲得し、昇級点累積2点の規定により2008年10月1日付での女流棋士(女流2級)が内定した。
女流プロ入り後
2008年10月1日付で女流2級としてプロ入り。15歳という年齢は、当時の現役女流棋士の中で最年少となった(それまでは1992年生まれの里見香奈が最年少)。2009年4月29日、第3回世田谷花みず木女流オープン戦優勝(非公式戦)。2009年7月25日、第3期マイナビ女子オープン予選を2連勝で突破。これにより、同日付けで女流1級へ昇級。

  出典 香川愛生 - Wikipedia

  出典 blog-imgs-73.fc2.com

奨励会
2009年8月19日 - 8月21日に行われた、平成21年度奨励会入会試験で、5級を受験し合格した。女性が奨励会5級に合格したのは史上初である(男女を問わず、ほとんどの場合6級を受験する)[1]。同年9月21日から関東奨励会に参加。規定により、女流棋士と奨励会員の掛け持ちは不可のため、女流棋士は休会となった。ただし、進行中であった第3期マイナビ女子オープンのみ引き続き出場し、本戦1回戦で中村真梨花に敗れた。その後2011年2月5日の例会をもって奨励会を退会した(退会時4級)[2]。受験シーズン(高校3年)となる2011年度、女流棋士にはすぐ復帰せず、12月31日まで休場した。
女流棋士復帰後
2012年1月1日から復帰[3]。
女流棋士になって以来、連盟東京本部に所属していたが、2012年4月から、立命館大学への進学に伴い、連盟関西本部に所属を移した[4][5]。
2013年2月23日に行われた第38期棋王戦第2局では、女流棋士として初めて一般タイトル戦の記録係を務める[6]。
タイトル保持
2013年8月29日、第35期女流王将戦本戦トーナメントを制し、自身初のタイトル挑戦を決める。シード選手ではなく、予選枠から出場して6連勝だった。これにより同日付けで女流二段へ昇段。さらに里見香奈との三番勝負では、10月23日の第3局を制して初のタイトル・女流王将を獲得。同日付けで女流三段へ昇段。
2014年度第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント出場において女流棋士1枠をかけ、甲斐智美女流王位・倉敷藤花と対戦して77手で勝利し、初出場を果たした。本戦はAブロック1回戦で熊坂学五段と対局し、96手で敗れた。
2014年度第36期女流王将戦では清水市代との三番勝負で、第一局では敗れるものの第二、第三局で連勝し、タイトルを防衛。また女流王将獲得後は男性棋士との対局が増え、2014年には森信雄七段・福崎文吾九段・東和男八段、2015年は西川慶二七段にそれぞれ勝利している。
2015年度第37期女流王将戦は、挑戦者里見香奈女流名人・女流王位に第一局・第二局と連敗し、タイトルを失った。
立命館大学卒業のメドが立ったことを理由に、2016年4月より所属を関東に戻す

  出典 香川愛生 - Wikipedia

  出典 blog-imgs-42.fc2.com

  出典 yamahiro0000.com

  出典 blog-imgs-63.fc2.com

  出典 www.asahicom.jp

  出典 udemy-images.udemy.com
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.