バストが小さくなる失敗3選

しかしその理想のバストから遠ざかってしまう失敗例をご紹介します。

本日 0pv

合計 676pv


スポンサードリンク

♥古いブラを「まあ、いっか!」で使い続けた

「いつ買ったっけ?というブラを使い続けていたら、ワイヤーが突き出ておっぱいにぐさり…」(サービス業/24歳)

皆さんはブラジャーの寿命をご存知ですか?週に1回ほど着用していれば1年程度が寿命です。

着用や洗濯を繰り返すうちにブラの形やワイヤーが変形し、本来バストを支えて、形をキープするための機能が低下していきます。

そのままで大丈夫だと使い続けていると、バストの形が左右で違ってしまったり、垂れたりする原因にもなりかねません。

酷い場合はワイヤーが飛び出してバストを傷つけてしまうことも…。

すでにワイヤー部分が擦れている感じがしたり、ブラを外すとくっきりワイヤーの痕が付いている場合は寿命を迎えています。

新しいものを買ったら捨てる、というサイクルでブラはどんどん新しいものと入れ替わるようにしておきましょう。

♥パット付きキャミソールでバストがサイズダウン

「楽ちん!と思ってパット付きキャミソールを着続けていて、久しぶりにブラをつけたらバストが小さくなっていた!」(看護師/27歳)

パットが内臓されているタイプのキャミソールなどが多く販売されていますよね。

確かに締め付けがなく楽なのですが、バストを支える機能がないため、使い続けているとバストの脂肪がお腹や背中に流れてサイズダウンしたり、形が崩れてしまいます。

パット付きキャミソールでの運動も要注意。きちんとバストがホールドされていない状態でランニングなどの激しい運動をすると、バストの脂肪が落ちてしまうんです。

やはりバストの形やサイズのことを思うなら、バストをきちんと支えてくれるブラの着用が理想的。

運動の際はバストをしっかりホールドできるスポーツタイプのブラなどがいいでしょう。

♥夜はノーブラ主義!

「夜は締め付けられるのが嫌でノーブラ主義だったんですが、気が付くと左右でバストの形がちぐはぐに…!」(大学生/21歳)

寝るときにブラの締め付けが嫌だと感じるのはよくわかります。

しかし、バストは脂肪なのでお腹や背中に流れやすく、思っている以上にサイズや形はすぐに変わってしまうんです。

とくにいつも左右どちらかに向いて寝ている人は、左右でバストにかかる負担に大きく差があるため、左右のバストのサイズや形が変わってしまうことも。

仰向けでもバストは流れてしまうのでサイズダウンの可能がありますよ。

寝る時に普段付けているワイヤー入りブラは適さないので、夜用のナイトブラを着用するようにしましょう。

締め付けは最小限ながら、しっかりとバストをホールドしてくれるので、寝ている間も安心です。

いかがでしたか?

バストはとても柔らかい脂肪でできているため、少しの油断で理想のサイズや形から遠ざかってしまうので、気を付けてくださいね。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.