本日 0pv

合計 330pv


スポンサードリンク

◆梅干しで脂肪燃焼

梅には肥満予防に効果をもたらしてくれる「バニリン」が含まれています。バニリンは小腸で吸収されると、脂肪細胞に刺激を与え、脂肪を燃焼させる働きを持っています。

熱を加えるとバニリンの効果がアップするのだそう。1分ほど電子レンジでチンしたり、フライパンで焼き目をつけたりして香ばしく食べるのも良いですね。

◆血行を良くして代謝をスムーズに

梅干しの酸っぱさの秘密はクエン酸。筋肉の強張りを柔らかくし、疲労回復をもたらしてくれる効果を持っています。

さらに、クエン酸は血液の流れを良くする効果も。体の中に老廃物が溜まると、血液の流れがスムーズにいかず、むくみを引き起こしやすくなります。

むくみはそのままにすると脂肪に繋がりやすくなるため、梅干しに含まれるクエン酸で解消していってくださいね。

◆溜めにくい体を作る

血行を改善しても老廃物を外へ出さなければ、毒素を出し始め体に悪い影響を及ぼしてしまいます。

しかし、クエン酸はぜん動運動を誘発する効果があるため、便秘になりにくい体を作ることができるのです。

腸の中にはたくさんの腸内細菌があり、体を整えてくれる働きがあります。できるだけ体に老廃物を溜めないようにすることが重要です。

◆血糖値の上昇を穏やかにしてくれる

食事をすると、必ず気になるのが「血糖値」ではないでしょうか?血糖値が急激に上昇すると、脂肪として働きを持つインシュリンの分泌を促します。すると、糖質が脂肪に変わりやすくなり、ダイエットに悪影響を及ぼしてしまうのです。

しかし、梅干しはその血糖値を穏やかに上げる効果が。白米やおにぎりのトッピングに梅干しが使われているのは、理にかなったものなんですよ。

◆注意点

梅干しダイエットをする上で注意したいのが「塩分の摂り過ぎ」。梅干しを作る時、大量の塩を使います。そのため、出来上がった梅干しにはかなりの塩分が含まれているのです。

塩分はむくみを引き起こしやすく、健康にも悪影響を及ぼしてしまいます。

梅干しを選ぶときは、できるだけ塩分濃度が高くない「減塩タイプ」のものを選ぶようにしてくださいね。また、店頭で並べられている「調味梅干し」には注意。調整梅干しの中には、砂糖で味を整えているものもあるのでダイエットに効果をもたらさないことがあります。

◆1日3個まで食べてOK

早く結果を出したいからといって一度に大量の梅干しを食べるのはNG。即効性がないため、長く続けていくことが大切ですよ。

また、梅干しはいつでも食べても同じ効果を出してくれるので、食事と同じときでもOK。

美味しく食べてほっそりした体を作っていきたいですね。

◆梅干しをもっと美味しく食べるには

梅干しをそのまま食べるのも良いですが、飽きてしまわないか心配ですよね。そこで梅干しのアレンジレシピで美味しくいただきましょう。

オススメは梅干しを使った白湯。白湯は体を温めるだけでなく、食前に飲むと食欲抑制に効果をもたらしてくれます。

いかがでしたか?

今回は梅干しのダイエット効果をご紹介しました。

1日何個か食べるだけで食事制限なしにダイエットできるなんて凄いですよね。

体験者の話によると、食事制限せず運動も特にしていないのにも関わらず、2週間で3キロの減量に成功したとのこと。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.