本日 2pv

合計 2168pv


スポンサードリンク

光GENJIのバックダンサーとして、あまたのジャニーズJr.から選抜、87年に結成されたのが「スケートボーイズ」だ。SMAPの前身グループである。メンバーは常に流動的で、ピーク時は20人に達し、TOKIO・国分太一、V6・坂本昌行のほか、かつてJr.だった俳優の反町隆史も在籍していた。
 そこから、森且行を含めた6人がSMAPになり、91年9月、「CANT’STOP!!-LOVING-」で歌手デビュー。東京・西武園で開催されたデビューイベントには、台風15号が接近するなか、1万5000人が集結している。
 ちなみに、ジャニーズ事務所の入所がいちばん早かったのが中居正広、次が草なぎ剛だ。ほかのメンバーは2人が光GENJIの2ndシングル「ガラスの十代」(87年発売)のダンスレッスンをしていた頃、オーディションを受けに来ている。
 この頃、光GENJIの候補メンバーが数名挙げられており、中居もそのなかに入っていた。ところが、毎週土曜日に義務づけられていたローラースケート教室をサボっていたため、真面目に通い続けていた佐藤敦啓(現:アツヒロ)が、結果的にメンバーになった。中居と佐藤は同じ地元で、同じ学校の先輩と後輩という間柄。後輩に先を越された中居の悔しさは、計り知れなかったに違いない。しかし、そこから10年も経たないうちに、SMAPはモンスターアイドルに成長。もし、中居が光GENJI入りしていたら、はたしてSMAPはこれほどまでに国民的スターとなっていただろうか。
 SMAPは、実にメンバーのバランスが取れていた。器械体操経験者の草なぎはアクロバットが得意。稲垣吾郎には中性的な美しさがあった。最年少で11歳だった香取慎吾は元気ハツラツ。大の野球好きで最年長の中居は、抜群の統率力でリーダーになった。中居と同級生の木村拓哉は、弟の付き添いでオーディションに来た稲垣の姉が一目惚れしたほどの美男子。その木村とのちに“SMAPの2トップ”と呼ばれる森は、長い手足、マッチ棒が乗るほど長いまつ毛、高いダンススキルと歌唱力で、入所直後から抜群のアイドル性を発揮させていた。
 メンバーについて中居は、「俺と木村はSMAPで一番年上で引っ張っていかなきゃいけない立場だったので、近すぎず遠すぎず、対極の存在でそれぞれの立場から見て行こうと昔、話しあったんです」と、雑誌のインタビューで語っている。
 そのため、年下の森が昭和を代表する学園ドラマ「3年B組金八先生」(TBS系/88年)にまっ先に抜擢されても、寛大な心で受け止めた。中居自身が若干16歳で、バラエティ界で生きていこうと腹を括ったことも大きかった。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.