ドミトリ メンデレーエフ 生誕 182 周年って、、どういうお方ですか

ドミトリ メンデレーエフがせいたん182周年らしいですが、、、聞いたことなかったです。 ドミトリーは、寮の意味ありますが。しらべてみました。

本日 0pv

合計 1424pv


スポンサードリンク

ドミトリ・イヴァーノヴィチ・メンデレーエフ(ロシア語:Дмитрий Иванович Менделеевドミートリイ・イヴァ-ナヴィチ・ミェンヂェリェーイェフ;ru-Dmitri_Mendeleev.ogg 発音を聴く[ヘルプ/ファイル]、ラテン文字転写の例:Dmitrij Ivanovich Mendelejev、1834年1月27日(グレゴリオ暦2月8日) -1907年1月20日(グレゴリオ暦2月2日))はロシアの化学者であり、元素の周期律表を作成し、それまでに発見されていた元素を並べ周期的に性質を同じくした元素が現れることを確認し、発見されていなかった数々の元素の存在を予言したことで知られており、メンデレビウムと元素名にも彼の名が残っている。

  出典 Wikipedia

  出典 blog-imgs-42.fc2.com
  

出典 Youtube

科学者が残した言葉 (36)ドミトリー・メンデレーエフ
「周期表」の生みの親 メンデレーエフ生誕175年 - News - The Voice of Russia
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2009/02/16/418930/
後に世界的に有名な化学者となるドミトリー・メンデレーエフは、175年前の2月8日、シベリアのトボリスクという町に生まれました。 メンデレーエフの父親は、中学校の校長で、その大家族の末っ子として誕生しました。メンデレーエフが研究した対象は幅広く、そして、様々な学問に大きく貢献したことから、メンデレーエフは、物理学者、地質学者、気象学者、経済学者、そして教育者と呼ばれるにふさわしい人物となりました。   メンデレーエフは、500以上もの出版物を業績として残しました。その中で、最も代表的なのは、「化学の原理」だと考えられています。というのも、メンデレーエフは、この本を執筆する中で、あの有名な元素の周期律表を作成したからです。ロシア科学アカデミーの元総裁で、科学アカデミー会員のセルゲイ・アルドシン氏は、メンデレーエフの主な功績は、メンデレーエフが化学を予測可能な学問にさせたことだと指摘しています。   更に、アルドシン氏は、次のように述べています。   元素の周期律表が発見されるまで、化学というのは、純粋に質的な学問でした。メンデレーエフが、1869 年に、周期律表を作成して、ようやく、元素の特性や新しい元素を予測できる量的な根拠が明らかになりました。また、メンデレーエフは、元素の特性は、その原子量に周期的に依存しているという「法則性」を見出しました。これによって、すぐに、周期律表の中の特定の元素の位置づけを行うことができるようになりました。まさに、これをメンデレーエフが打ち出したのです。また、メンデレーエフは、周期律表を作成しただけではなく、特定の元素の原子量は、誤って測定されており、正しい場所に配列されていないことも指摘しました。つまり、これらの元素は、その原子量に応じて、別の特性を持つはずなのです。更に、当時、この周期律表から、未知の元素を予測することさえできたのです。メンデレーエフは、この周期律表を作成した後、3 つの新しい元素を予測しました。そして、メンデレーエフが生きている間に、この3 つの新しい元素は、立証されました。   「メンデレーエフは周期律表を夢で見た」という説があります。しかしながら、仮に、この発見が、そのようなひらめきだったとしても、メンデレーエフは、数十年にわたって「化学の原理」を執筆しながら、いかに正しく元素を配列させるかについて、いつも考え続けていたことは忘れてはならない事実です。従って、この場合のひらめきは、単なる偶然ではなく、9年間にわたる研究の当然の結果なのです。その他にも、メンデレーエフに関する伝説は、たくさんあります。その一つが、メンデレーエフが、ウォッカを考案したという話です。実際、ウォッカは、メンデレーエフの生まれる前から、存在していましたが、メンデレーエフは、アルコールと水の理想的な比率を算出し、ウオッカの度数は、38度が理想的だとしました。なお、後に、便宜上、数字を丸めて、ウォッカの度数は40度となりました。   メンデレーエフの関心の範囲は、非常に幅広いものでした。例えば、メンデレーエフは、1863年に、石油の移送にパイプラインを利用するというアイディアを、初めて提案しました。また、メンデレーエフは、度量衡局を創設し、その初代局長となりました。その結果、1899年、ロシアで、度量衡法が制定され、フントとアルシンという、基本的な測定単位が作られました。その際、メンデレーエフは、国際測量法であるキログラムとメートルを任意に用いることを認める条項を度量衡法に入れるよう主張しました。   既に、有名になっていたメンデレーエフでしたが、53歳の時、日蝕を観察するため、勇敢にも単独で気球に乗って飛行しました。この飛行が世界中で、賞賛を受け、フランス気球飛行アカデミーは、メンデレーエフの勇気に対し、賞状を授与しました。   メンデレーエフは、「自分の研究人生を振り返って、多くのことをやってきたことに自分でも驚いてしまう」、と語っていました。メンデレーエフは、元素周期律表の発見の他、溶液理論の発展の基礎を築き、石油の分別蒸留法を提案し、無煙火薬を開発した他、鉱物肥料の利用と干ばつ地域の灌漑を普及させました。メンデレーエフの研究の10~20%程度が化学に関するもので、その他多くの研究は、化学以外の分野に関するものでした。また、メンデレーエフには変わった趣味がありました。例えば、メンデレーエフは、旅行鞄を作ったり、自分の衣服を縫うのが好きでした。そして、友達はほとんどいませんでした。メンデレーエフは、多くの学者に対し、敵意を露わにし、感情を抑えるのは、身体に良くないと考えて、自分の怒りをあからさまに激しく表現しました。しかしながら、メンデレーエフの最も重要な特徴は、信じられぬほどの労働能力と勤勉性でしょう。メンデレーエフは、自分のことを天才と呼ぶ人に対し、きまって「どこに天才などいるものか!生涯研究して、そしてようやく天才になったのだ」と答えていました。   人類は、メンデレーエフの世界の学問への功績を評価しました。メンデレーエフは、生前、多くの外国アカデミーや学術団体の会員でした。また、メンデレーエフの功績を讃えて、原子番号101の元素は、メンデレビウムと名付けられました。更に、1962年、ソ連科学アカデミーは、化学と化学工学分野で秀でた研究に対し授与される、メンデレーエフ賞と金メダルを制定しました。なお、生誕175周年となる今年2009年、多くのロシアの都市で、記念式典が開かれる予定です。今月11日、モスクワのロシア科学アカデミーの大ホールでは、メンデレーエフを記念した祝賀式典が開かれました。また、メンデレーエフの生まれたトボリスクの町でも、今年の秋、第一回メンデレーエフ記念国際会議が開かれる予定です。なお、ユネスコの決定に従い、2011年は、国際メンデレーエフ年と宣言されました。  
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.