本日 0pv

合計 387pv


スポンサードリンク

彼氏や旦那と些細なことで喧嘩をしてしまった時、自分が悪いと分かっているときでもなかなか謝りにくいことありますよね。原因が大したことでないが故に、変に意地を張ってしまい、時間がさらに仲直りを切り出しにくくさせてしまいます。

このようなことはオフィスにおいても言えること。重大なミスをしてしまったら必死に謝るしかありませんが、些細なミスこそ自分の否を認めづらいですよね。しかしその小さなことに対して自分に素直になれるかの積み重ねが、信頼へと繋がる大きな要因となるのです。

そこで今回は取材ライターとして常に低姿勢を貫いている筆者が、パートナーと喧嘩した時正直な気持ちになって謝れる素直な考え方を4つご紹介します。
■1:もしも明日が……
とても大きな規模の話をしますが、もしも明日地球が滅亡するとしたら世界はどうなるでしょうか。すぐに世界中の戦争は中止され、平和な1日が訪れることでしょう。それは最後の日に争うということはお互いに何のメリットもないからです。

それと同じことを考えてみましょう。
■2:第三者の存在がいたら……
喧嘩中あなたが謝ることを渋っている間に、彼に思いを寄せている他の女性がいたらどうでしょうか。彼女にとってはこれ以上ないチャンスですよね。

もし彼があなたと上手くいっていないことを漏らしたりしたら、そのふたりはいけない方向へ一直線に進んでいくことでしょう。そうなれば、あなたが謝れば解決に向かうはずだった状況も、取り返しのつかないものに急変してしまいます。

男性からしたら「お前が謝らないからだ!」となりますし、あなたも浮気をした彼になんて謝る気にもならないはずです。その後の展開はほぼ見えているでしょう。そんな形で恋のキューピットになどなりたくないですよね。
■3:ケンカするほど仲がいい?
「仲直りエッチ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。カップルが喧嘩をして仲直りした後のエッチはいつも以上に盛り上がってしまうこと。確かに仲直りした後はデートも楽しく感じられ、普段よりラブラブな雰囲気になりますよね。

「ケンカするほど仲がいい」とはまさにこのこと。壁を乗り越えるたびに距離がどんどん縮まっていくと考えれば、素直に謝りやすくなるのでは?
■4:このままいくとどうなるか
どちらからも謝ることのない冷戦状態が続くとどうなるでしょうか。再び戦争に例えてみますと、にらみ合いが続きお互いいざという時のためにひたすら武力を上げ準備に勤しみます。
その結果、たったひとつの些細な行動が宣戦布告と見なされ、一触即発の事態を招き緊張はさらに深まるばかり。そうやってひたすらお金とエネルギーと時間を費やして、結果共倒れという最悪のパターンに。

パートナーとの冷戦でも同じようなことが起きてしまうでしょう。もし結婚しているふたりであれば、別れるとなったときに備えて離婚届を手配したり、裁判に有利な証拠を集めだしたり色々と準備をするはず。

それが見つかってしまえば一気に関係は崩壊に向かいます。そして運よく仲直りに至ったとしても、なんという時間の無駄だったんだと心身共に疲弊し、ただただ後悔するという結果に。

以上、正直な気持ちになって謝れる“素直な考え方”を4つご紹介しましたが、いかがでしたか?

考え方ひとつで怒りのベクトルは相手ではなく、なかなか謝ることのできない自分へと変わるはず。素直に謝罪できる広い心を持ち合わせていれば、仕事も恋愛も上手くいくのではないでしょうか。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.