中居&香取「クビにしたければどうぞ」

SMAP中居と香取が完全に開き直って・・・。「クビにしたければどうぞ」

本日 0pv

合計 403pv


スポンサードリンク

SMAPの中居正広と香取慎吾が15日、ボランティアで熊本地震の被災地である同県御船町を極秘訪問した。中居は4月24日に避難所となっている熊本市内の小学校を訪れ、今月7日には笑福亭鶴瓶、ナインティナインの岡村隆史とともに南阿蘇の避難所などを訪問。今回で3度目の被災地入りで、ツイッターなどのSNSにはサングラスにマスク姿の中居と香取がチャーハンの炊き出しを行ったり、被災者と記念撮影する写真などが拡散されている。中居と香取と言えば、今年1月に勃発した解散騒動で、“育ての親”飯島三智氏の独立計画に追随した2人。騒動はジャニーズ事務所の“裏ボス”ことメリー喜多川副社長の剛腕により、中居ら造反組は粛清されてしまったが「あれ以来、中居らは開き直って、事務所のパワーに頼らず、自分のやりたいようにやっている」(関係者)という。

 ボランティア活動もその一環。ジャニーズ事務所では通常ボランティアを行う時は事前にマスコミに声を掛け、あたかもサプライズであることを演出。翌日のスポーツ紙やワイドショーでは美談ばかりが並べられる。ところが、今回はあくまで中居の独断。

 スポーツ紙記者は「話が広がったのはツイッターなどのSNS。こういう広がり方をする時はガチです」と話す。一方、中居らの行動を快く思っていないのがジャニーズ事務所。以前から仕込んでいた映画やドラマ、舞台の話題が、中居らによって“食われてしまう”からだ。

「各テレビ局やスポーツ紙には『中居のボランティアには触れるな』とお達しが出ている。それに従うのもどうかと思うが、中居の行動にピリピリしているのは確か」(同)。

“金だけ送ればそれでいい”という支援のあり方についても、以前から中居は異を唱えていたという。

「2011年の東日本大震災の時もジャニーズ事務所はチャリティーイベントを開催したり、個人的に義援金を送っていた。SMAPメンバーも稲垣吾郎以外の4人は億単位の寄付をしたといいます。ただ、現地に行って直接被災者と触れ合うことは制限されていた。スケジュールや警備の問題があるのでしょう。でも、中居さんは『行かなきゃダメ』『こういう時こそ芸能人の出番』という考えで、当時からお忍びで何度も足を運んでいました」(音楽関係者の話)

 裏を返せば、中居の自由な振る舞いはジャニーズ事務所に対するあてつけのようにも感じられる。

「いかにジャニーズ事務所が閉鎖的かということでしょう。所属タレントはメリー副社長をはじめとした経営陣の顔色ばかり伺っている。その点、最近の中居や香取は『クビにしたければどうぞ』と完全に開き直っている。上層部の言うことも聞きやしない。今が一番楽しそうですよ」とは芸能プロ関係者。

 TBS系「金曜のスマイルたちへ」でベッキーの復帰をサポートした手腕、熊本でのボランティア活動…このところ中居の評価はうなぎ上りだ。それを「気に入らない」という理由でクビにしようものなら、ジャニーズ事務所に批判が集中することは火を見るより明らか。

 前出スポーツ紙記者は「解散騒動で“終わった”と思われたが、中居は日に日に存在感を増している。どこまでが計算かはわからないが、やはりただ者ではない」と話す。

 中居の反撃はまだ始まったばかりだ。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.