平均年収の高い人は良い睡眠と朝型生活をしている

「寝る子は育つ」とはよく言われることであるが、「寝る子は稼ぐ」というのもまた真実のようである。というのも、不眠症と生産性の関係が調査で判明したのだ。

本日 0pv

合計 804pv


スポンサードリンク

睡眠不足によって、アメリカ人の労働者1人当たり年間11.3日分、あるいは2280ドルに値する生産力が失われているという研究が発表された(※1)。これはアメリカ全体で、実に年間632億ドルに相当し、大きな機会損失となっている。

□不眠症の有病率は23%
この調査では、7428人のフルタイム労働者からデータが収集された。研究者が、彼らに睡眠習慣と仕事のパフォーマンスの関連性について質問をしたところ、睡眠不足は明らかに労働生産性に負の影響を与えていたことが分かった。また、23%の人が不眠症と判断され、その割合は65歳以上の労働者で少なく(14%)、男性(20%)のほうが女性(27%)より少なかった。

  出典 寝なきゃ損!?平均年収の高い人は良い睡眠と朝型生活をしている - Ameba News [アメーバニュース]

平均睡眠時間と平均年収の関連性を見ると、女性は年収が上がるほど睡眠時間が長くなる傾向にあることが判明。「300万円~700万円」では平均睡眠時間6、7時間が39%と最も高く、「700万円~1,000万円」でも6、7時間が40%で一番多かった。さらに「1,000万円以上」では7時間以上睡眠している割合が40%と、1,000万円未満の倍程度に増えた。

男性も女性ほどの差はないものの、年収が上がるほど睡眠時間が長くなる傾向が見られた。女性と一つ異なる点は「~300万円」の人の睡眠時間も長いことだという。

調査期間は2014年9月、有効回答数は20代~60代の個人1,000人。

  出典 高年収の人ほど「朝型」で、しかも「睡眠時間が長い」傾向にあると判明 | マイナビニュース

  出典 news.mynavi.jp

一方、男性の場合は朝型・夜型とも年収にばらつきはあったものの、「~100万円」「100万円~300万円」では夜型のほうが高い割合となったのに対し、300万円以上では朝型のほうが平均5%高くなっていた。


  出典 news.mynavi.jp

プラスリードはこのほど、インターネット調査「アスリード」サイトにて実施したライフスタイル調査「朝型・夜型/睡眠時間と年収の関係」の結果を発表した。それによると、年収が高い人ほど朝型の割合が高く、かつ睡眠時間も長くなる傾向にあることがわかった。

同調査で、朝型・夜型それぞれの平均年収を比較したところ、女性の場合は朝型・夜型に極端な違いはなかったが、年収が「500万円~700万円」「700万円~1,000万円」では朝型1~2%、夜型3%と僅かながら夜型のほうが多かった。また、「1,000万円以上」では朝型2%、夜型0%となった。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.