ハンドドライヤーは実を言えば不衛生?便所での正しい手の洗い方・乾かし方

ショップの手洗いの殆どにハンドドライヤーが付いていますが、それがその実不衛生だって事は知っていましたか?キッチリと手は洗っているのにと思う方もいると考えます。

なぜ不衛生なのか、手の正しい洗い方と正しいハンドドライヤーでの乾かし方を、ご解説します。



本日 4pv

合計 852pv


スポンサードリンク

最初に、ハンドドライヤーって何?って方もいると考えます。

現在まで見た事あっても名前を知らなかったりとそのような方にも読んでいただきたいです。



このところ、駅や、買い物センター、料理店の便所などで入り口付近などに設置られている機械の事です。

手洗いした後に手を入れると、センサーが反応し風が出て手についた水滴などが落ちるようになっています。



形式としては、壁に掛けられている機械の下に手を出し、一方向から風を出して乾かすシングルタイプ、設置られている機械の中に手を入れると両側から風がでて乾かすダブルタイプがあります。



ペーパータオルや、布ロールタオルなどに比較して、ハンドドライヤーは、費用も安価に環境負担も少なくペーパータオルをリサイクルしたとしても搬送費や、リサイクル料を思案すると相当、経済的かつ環境にも優しいという事になります。

ここで一つ問題なのが、ハンドドライヤーの乾かすによって細菌が風に乗り室内に拡散されるという事です。

ハンドドライヤーは、ペーパータオルの190倍以上の量で送風から15分経過しても細菌が空気中を漂っているといわれています。

実のところには、手洗いを使用した人の手についている今の時代の量や種類のデータは少なく、病原菌感染率を増加させる危ういがあるのかと研究もされています。



言ってみれば、手を振って水を切るという行動と同じ仕組みですね。ハンドドライヤーには、温風を当て乾かすのでハンドドライヤーと言われています。

濡れた手をデフォルト入れて直ちに抜く人や、手を入れてじっとかわき切るまで待つ人、人各々で利用し方って異なる点ますよね。

キッチリと手洗いあが出来ていれば特にこれといった乾かし方はないのですが、如何にしたら早くかわき切るのかを解説したいと考えます。



↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



    スポンサードリンク

    話題まとめHOT

    当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


    Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.