タイタニック主演レオ様じゃなかった ケイトが暴露

米大ヒット映画「タイタニック」公開から今年で20年。ヒロインを演じた女優ケイト・ウィンスレット(42)が、今だに物議を醸しているラストシーンをやり直した。

本日 1pv

合計 42pv


スポンサードリンク

  出典 img.cinematoday.jp

豪華客船タイタニック号で出会って恋に落ちたウィンスレット演じるローズと俳優レオナルド・ディカプリオ演じる貧しい少年ジャックは、海難事故で投げ出された海の上で最後は船のドア板に乗ったローズが冷たい海の中を漂っているジャックに「あなたを離さないわ」と名セリフを残すも、ジャックは亡くなってしまう。このシーンについて司会のコルベアに問われたウィンスレットは、「嘘をついたのよ。そうよ。私が手を放して彼を沈めてしまった。彼はドアに乗るためにもっと頑張るべきだったわ」と即答。そして、すぐさまコルベアを相手に机を海に浮かぶドアに見立ててラストシーンを再現。机に腹ばいになり、顔だけ机の上に出してドアに乗せてくれと懇願するコルベアに、「カモン、ダーリン!あなたも乗れるわよ」と応じ、ハッピーエンドなラストシーンを見事に披露した。

  出典 タイタニック主演レオ様じゃなかった ケイトが暴露 - ハリウッド : 日刊スポーツ
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.