日本のレトロゲームに出会える、韓国のゲーム博物館とは!

韓国人にとって懐かしのゲーム、つまり日本のゲームに出会えるという。  ゲームファンだった大人たちなら、感じることの多い韓国のゲーム博物館。北朝鮮の村を望遠鏡で眺められる「烏頭山(オドゥサン)統一展望台」を訪ねるついでに、足を運んでみてはいかがだろう。

本日 0pv

合計 2902pv


スポンサードリンク

韓国は38度線近くに位置する「ヘイリ芸術村」は、アート村として出発し、現在は様々な私設博物館が並ぶデートスポットだ。そこに「I ZONE ゲーム博物館」、「アスカゲーム博物館」というふたつのゲーム博物館があり、韓国人にとって懐かしのゲーム、つまり日本のゲームに出会えるという。彼らが異国の地でよろしくやっているのか確認しに、早速出かけてみた。

  出典 日本のレトロゲームに出会える、韓国のゲーム博物館に行ってきた - Excite Bit コネタ(1/3)

  出典 s.eximg.jp

ホラーなゲーム空間が謎すぎる「I ZONE ゲーム博物館」

「I ZONE ゲーム博物館」は、入り口のエイリアンが目印。入場料を払い(5000ウォンで1時間、8000ウォンで閉店時間まで、好きなだけゲームをプレイできる)、中に入るとそこには、日本人の私も昔遊んだアーケードゲームが。


  出典 s.eximg.jp

「ストリートファイターII」、「鉄拳」、「バブルボブル」、「テトリス」などが並び、男たちが黙々とプレイしている。他にも「太鼓の達人」、「マリオカート」といった比較的最近の大型筐体ゲームもいくつかあり、子供たちやカップルには、そちらの方が人気のよ


  出典 s.eximg.jp

2階には「スーパーマリオブラザーズ」をはじめとする家庭用ゲーム、PCゲームから、アナログなボードゲームまで置かれている。壁には任天堂の宮本茂や、「ファイナルファンタジー」シリーズの坂口博信といった有名ゲームクリエイターのことが韓国語で紹介されており、おおーっとなる。


  出典 s.eximg.jp


ガラスケースにマニアックなアイテムも「アスカゲーム博物館」

もうひとつの「アスカゲーム博物館」は、シュレックの人形が目印。5000ウォンの入場料を払って中に入る。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.