本日 0pv

合計 170pv


スポンサードリンク


方意



  出典 www.hal.msn.to

痔核(いぼ痔)、切れ痔、便秘、痔のファーストチョイス。飲む痔薬


疼痛出血などを伴う痔疾の特効薬として繁用される柴胡剤。痔核の脱出、肛門周囲のうっ血や浮腫や炎症によい。
病位は少陽と陽明にかかる。
脈は弦滑、あるいは弦。
舌は、やや乾燥、黄苔をみとめる。

【診断のポイント】
・痔疾(出血、脱肛、裂傷、痔核)
・胸脇苦満
・虚証ではない


証、病機、主治など



大腸実熱
  出典 ハル薬局
治法⇒升提・緩急・清熱化湿・止痛


保険適応、効能など



病状がそれほど激しくなく、体力が中位で衰弱していないものの次の諸症:
キレ痔、イボ痔

  出典 ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)

痔の炎症をおさえ、また便通をよくします。体力が中くらい以上で、便秘がちの人に向いています。
  出典 おくすり110番

漢方では、「瘀血」の原因にアプローチします。「血」が滞っている状態なので、「血」の流れを促し、不足している場合には補う治療をします。
  出典 クラシエ 漢方セラピー
また、便が硬いと、出すときに痛いだけでなく、おしりを圧迫して「瘀血」の原因となりがちなので、便を軟らかくする薬も使います。


処方構成



  出典 matomail.biz


方義




和解退熱、疏肝解鬱、昇挙陽気



発表透疹、清熱解毒、昇陽挙陥



清熱燥湿、瀉火解毒、止血、安胎



補脾益気、潤肺止咳、緩急止痛、緩和薬性



瀉下攻積、清熱瀉火、解毒、活血祛瘀



補血、活血、止痛、潤腸


処方鑑別



桂枝茯苓丸
比較的体力のある人で本方と同様の症状を訴え、冷えのぼせの傾向があり、下腹部に抵抗・圧痛を認める場合に用いる。(瘀血)

大黄牡丹皮湯
さらに症状が激しく体力が充実した人の場合にもちいる。(腸癰)

当帰建中湯
体力のやや低下した人で脱肛の傾向があり、局所の疼痛が激しい場合に用いる。(血虚裏急)

芎帰膠艾湯
比較的体力の低下した人で、出血する場合に用いる。(血虚の下血)

補中益気湯
中気下陥による弛緩性の痔疾。

引用元:sharetube


その他の情報



乙字湯は日本で生まれた漢方薬です。江戸時代の医師、原南陽(はらなんよう)によってつくられました。
  出典 小太郎漢方製薬株式会社


参考リンク



・ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)
http://sharetube.jp/article/5906/

・生薬のブログ: 生薬一覧
https://ktuasmuar3i.blogspot.jp/p/blog-page.html

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.