舛添要一の出版本はこんなにあります

19代東京都知事舛添要一氏の出版本はこんなにあります。「赤いバラは咲いたか—現代フランスの夢と現実」というさすが国際政治学者としての本もあります。

本日 0pv

合計 1831pv


スポンサードリンク
孫文 その指導者の資質 / 舛添要一 /
http://andot.sakura.ne.jp/raks/?q=%E5%AD%AB%E6%96%87%E3%80%80%E8%88%9B%E6%B7%BB&sort=0
国際政治学者でもある著者が、混乱を極める時代にあるべきリーダーの姿を解説。度重なる失敗にひるむことなく、遂に中華民国を作り上げたその思想と人脈術を、現役の政治家の立場から解説。

  出典 www.asahicom.jp
映画で学ぶアメリカ大統領―舛添要一のおもしろ国際政治学講座
http://andot.sakura.ne.jp/raks/?q=%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%A7%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98&sort=0
アメリカ映画に多い「大統領もの」には、大統領を取り巻く環境について多くのことが描かれている。そうした「大統領もの」映画をとりあげ、鑑賞しながら、アメリカの政治や社会の仕組みを解説する。
舛添要一の税金のことが面白いほどわかる本 ここがヘンだよ 日本の税金
http://andot.sakura.ne.jp/raks/?q=%E8%88%9B%E6%B7%BB%E8%A6%81%E4%B8%80%E3%81%AE%E7%A8%8E%E9%87%91%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%84%E3%81%BB%E3%81%A9%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%9C%AC&sort=0
買い物をすれば5%の消費税、給料からは天引きで所得税、住民税が引かれる、車を持てばまた、税金に悩まされる…。私たちは、至る所で税金をとられているのだが、意外にもその税金に対して無関心でいる人が多いように思われる。私たちの生活に不可欠なものの多くが、税金で維持されていることを考えると、税金は払わねばならないし、その使い途を監視することも重要。  本書では、レシートや給与明細などを使って、身近な税金について解き明かすと同じに、そこにどんな問題点が含まれているのかを明らかにしていく。これを読むと税金のニュースがわかるようになる。
赤いバラは咲いたか―現代フランスの夢と現実
http://andot.sakura.ne.jp/raks/?q=%E8%B5%A4%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AF%E5%92%B2%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%8B%E2%80%95%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%A4%A2%E3%81%A8%E7%8F%BE%E5%AE%9F&sort=0
本書はジスカールデスタン政権と、ミッテラン政権初期の時期を対象とする、 フランス政治の研究書である。この時期のフランス政治及び社会について 日本語で書かれた文献として、現在でも引用される基本的なものである。 前半部はフランス政治を見る基本視覚と、対象時期の通史的分析に費やされ、 これを読むことによって、読者はフランス第五共和制に関する基礎知識と、 その基本的な歴史について知ることが出来る。 後半部は前半を前提に、当時のフランスを取り巻く諸問題について論じられている。 具体的には犯罪など暴力の問題を中心としたフランスの病理、政軍関係、 そして欧州全体の経済の保護主義を巡る問題である。 以上のように、専門家でなくとも、一般の人で対象となる時期のフランス政治に ついて知りたいと考える人にとっては極めて便利な書物であり、分析視覚やトピックの 抽出も適切であると思う。第五共和制はもちろん現在まで続いており、現代の フランスを考える上でも、この時期についての考察は欠かせないであろう。
内閣総理大臣―その力量と資質の見極め方
http://andot.sakura.ne.jp/raks/?q=%E5%86%85%E9%96%A3%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3%E2%80%95%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%8A%9B%E9%87%8F%E3%81%A8%E8%B3%87%E8%B3%AA%E3%81%AE%E8%A6%8B%E6%A5%B5%E3%82%81%E6%96%B9&sort=0
内閣総理大臣 政治学者であり参院議員としても1年間活動してきた著者が、そもそも政治とは何かを解説したうえで、首相のあるべき姿を浮かび上がらせる。 社会の様々な利害を平和的に調整し、人々に安定した生活をもたらす政治の仕事には、高度な専門性が要求される。大根1本の値段に一喜一憂する庶民の現実を知りつつ、80兆円というスケールの国家予算の配分に頭を巡らせる仕事は誰にでもできるものではない。戦後、日本の政界には悪しき庶民主義が浸透したが、政治家はむしろ庶民にできないことを託されているという誇りを持って活動すべきと言う。 では、政治家のトップに立つ首相に求められる資質とは何か。著者は普遍的要素として「ビジョン提示力」や「歴史と哲学の素養」「人心掌握力」を、今日的要素として「危機の認識と危機管理力」「カリスマ性」などを挙げる。現在の小泉純一郎首相には不十分な点が多いと指摘、「『抵抗勢力』と派手な立ち回りを演じて支持率を上げることに奔走している」「肝心の経済は混迷の度を深めている」と現状を憂える。 小泉首相の使命は、旧弊な戦後システムや自民党政治を徹底的に壊す「破壊」にある。きれいに壊した後に、次の首相が「創造的リーダー」として再生日本を設計すべきだと説く。
舛添要一の6カ国語勉強法―体験に裏づけられた上達への近道
http://andot.sakura.ne.jp/raks/?q=%E8%88%9B%E6%B7%BB%E8%A6%81%E4%B8%80%E3%81%AE6%E3%82%AB%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E5%8B%89%E5%BC%B7%E6%B3%95&sort=0
外国語に上達する秘訣を体験から大胆に伝授。現在一般に流布されている外国語学習法の誤りを「語学学習法・七つの落とし穴」として指摘。「成功する九つの秘訣」で上達法を教授。外国での言葉の体験談も面白い。
舛添メモ 厚労官僚との闘い752日
http://andot.sakura.ne.jp/raks/?q=%E8%88%9B%E6%B7%BB%E3%83%A1%E3%83%A2+%E5%8E%9A%E5%8A%B4%E5%AE%98%E5%83%9A%E3%81%A8%E3%81%AE%E9%97%98%E3%81%84752%E6%97%A5&sort=0
安倍、福田、麻生3代の内閣で厚生労働大臣として活躍、「日本一忙しい大臣」として国民に認知され 「総理にしたい人」アンケートでも常に上位にランクされる舛添要一参議院議員が、知られざる大臣生活や 官僚との闘いぶりを明かします。 国民にとって最大の関心事である「宙に浮いた年金記録問題」や「新型インフルエンザ対策」にどう取り組んだか。 また、その過程で厚労官僚たちとどう対峙したのかなどを、普段のニュースや 国会中継からはうかがい知れないエピソードを交え、わかりやすく読者に伝えます。 舛添氏の組織掌握論は、一般のビジネスマンにも非常に参考になるものばかり。大臣退任後初となる著作。
母と子は必ず、わかり合える 遠距離介護5年間の真実
http://andot.sakura.ne.jp/raks/?q=%E6%AF%8D%E3%81%A8%E5%AD%90%E3%81%AF%E5%BF%85%E3%81%9A%E3%80%81%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8A%E5%90%88%E3%81%88%E3%82%8B+%E9%81%A0%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E4%BB%8B%E8%AD%B75%E5%B9%B4%E9%96%93%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F&sort=0
舛添要一の政治家としての原点は、5年間にわたり母親を遠距離介護したことだ。その後。参議院自民党政策審議会長や厚生労働大臣を務めた日々も、この体験を、1日も忘れたことはなかった。 2014年、東京都知事に選出され、ついに自分の手で、理想の福祉社会を実現できるようになった。舛添要一が目指す「世界最先端の福祉都市」東京の姿とは何か? 母の介護で舐めた辛酸を、体験した縦割り行政の不条理を、そして母とともに過ごした最後の日々をタテ糸にして、とことん福祉を考える。
舛添要一・39の毒舌
http://andot.sakura.ne.jp/raks/?q=%EF%BC%93%EF%BC%99%E3%81%AE%E6%AF%92%E8%88%8C&sort=0
参院選を目前に控え、民主党でも自民党でもない「第三極」政党が注目を集めている。舛添要一氏が率いる「新党改革」もそのひとつ。 「次期総理にふさわしい人物」の世論調査では軒並み1位を獲得するなど、国民からの期待値も高い。そんな舛添氏に対し、「舛添さんの隠された魅力とは『毒舌』にあり、 それこそが瀕死の日本を救うために必要不可欠である」と確信したプロデューサーのおちまさとが本書を企画。直ちに舛添氏に毒舌インタビューを敢行。 以下、舛添氏が吐いた毒舌の一部を紹介すると…… ●小沢は目先の政局に拘泥する独裁者 ●鳩山内閣は無免許・飲酒運転状態だった ●菅直人は“蟻”の視点しかない ●長妻は大臣になっちゃいけない人 ●アホな政治家を量産する小選挙区は即廃止! ●死に体・自民党の口先だけ“若害”にも三行半 ●事業仕分けは劇場型政治の典型例 ●正直なところ『新党改革』なんてどうでもいいんだ ●子ども手当というバラマキは未来への押し貸しである ●人の話を聞かない上に後先も考えないバカ者 ……と、毒舌ノンストップ! 「私が総理大臣にならなきゃ日本は沈没!」と宣言する舛添氏が、 無能でアホな政治家を排除した超党派「舛添内閣」17人を発表! 舛添氏の吐く「毒」は真理を突き、そして疲弊し混迷を極める日本を救う劇薬となる! 舛添氏は言う、「日本を救うために、私はあえて嫌われ者になる!」と。
東京を変える、日本が変わる
http://andot.sakura.ne.jp/raks/?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%8C%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8B&sort=10
都知事就任後、初の書き下ろし! 東京が、日本変革の先兵となり、起爆剤となる。東京の未来は、日本の明るい未来だ。都政への基本姿勢から、介護・社会保障、防災、エネルギー問題、東京オリンピック・パラリンピックと都市計画、都市外交まで、都知事・舛添要一の政治理念と具体的政策、さらに人生の原点がつまびらかとなる1冊!
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.