オトナ女子の法則【トーン・オン・トーン】コーディネートのチャームポイント

現代的な人は気にして採りいれている「トーン・オン・トーン」の法則をご存知ですか?衣装合わせを思いめぐらす 時に知っていると重宝で、役に立つ事間違いなしです?ベストチョイスのトーン・オン・トーンコーデを整理したのでいつものトレンドのポイントにしてみてください。

本日 4pv

合計 805pv


スポンサードリンク

トーンオントーン(toneontone)とは、「トーンを重ねる」という解釈で、同系色相で濃淡を出した配色の事を指します◎同系色というのは、隣接・類似色相の範囲のまとめ合わせで、トーンは明度差が大きいものをピックアップするのが鉄則になっています*。

面倒に思案する事はなく、例を挙げると、「ベージュ」のトーンオントーンを作成しようなら主の「ベージュ」、「それより明るめのベージュ(生成りやオフホワイトなどもアリ)」、「それより暗めのベージュ(キャメルやブラウンなど)」を組み合わせるだけなのです♪。

同系色のコーディネートを絶妙にしている人は、自らなりの都会的を満喫してでいる人が相当多々あるです◎好きなブランドにこだわる人がいるように、好きな色合いに固執しているのを感じます♪。

同系色で一体化感を出しつつ、濃淡で奥行きを生みだすのがトーンオントーンコーデのチャームポイントです◎推奨のコーディネートを色彩別にご解説するのでポイントにしてみてください。

ホワイト〜オフホワイト

お薦め大注目は、淡い色がハイセンスで愛くるしい、ホワイト系のトーン・オン・トーンコーデです?真っ白というよりかは、生成りの優しい風合いの白がオトナ女子に好まれています◎上下楽ちん組み合わせたコーデは楽チンなのにこなれ感出るので推奨です♪。

オフホワイト〜ベージュ(カーキ)

アース色彩のトーン・オン・トーンコーデも取り合わせしやすいので、トーン・オン・トーンに挑戦してみたい未経験者さんにもイチ押しですよ◎。

自然派さんなら無意識のうちにしている、ベージュ・ブラウン系のトーン・オン・トーンコーデです?このタイプは、予想以上に手持ちのグッズをさらりと着るだけで成立しちゃいますね♪その日の気分でストールの色を変更してみたりと満喫できる整髪でもあります◎。



↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.