巨大肉食魚アリゲーターガーがワニみたいで凄すぎる

日本全国で巨大肉食魚アリゲーターガーが 繁殖しています。

本日 0pv

合計 5002pv


スポンサードリンク
  

出典 Youtube

Alligator Gar eats Koi

アリゲーターガー(学名:Atractosteus spatula)はレピソステウス目レピソステウス科[1]アトラクトステウス属に含まれる一種である。全長は約2m。北アメリカ最大の淡水魚であり[2][3]、世界最大級の淡水魚としても知られている。
学名(種小名)のspatulaはラテン語でスプーンを意味する。これは、幅の広い吻に由来する。

  出典 Wikipedia

  出典 www.asahicom.jp

 名古屋城(名古屋市中区)の外堀で、体長1メートルを超す肉食魚「アリゲーターガー」が目撃され、撮影された。北米原産の外来種で、在来種を大量に捕食するなど生態系への影響が懸念される。市の捕獲作戦から逃げ回り、成長を続けている。

  出典 巨大肉食魚、名古屋城外堀で成長中 捕獲できず1m超に (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

  出典 www.asahicom.jp

  出典 www.monstersproshop.com

2016年4月30日に大阪府東部を流れる寝屋川で北米原産の大型魚であるアリゲーターガーが二個体釣り上げられた。
釣り人は地元で有名な少年アングラーの尾後兄弟。
まず兄の尾後幹太くん(18)が午前11時頃に全長100センチの個体を、続いて14時頃に弟の隼人くん(14)が120センチの個体を釣り上げ、喝采に包まれた。


  出典 www.monstersproshop.com

2016年5月21日、埼玉県を流れる荒川で北米原産の外来魚「アリゲーターガー」が捕獲された。

釣り上げた栃木県在住の男性によると、このアリゲーターガーは全長91センチの個体だったが、捕獲現場では1メートルを超えるより大きな個体や20センチ程度のガー科の幼魚も複数目撃しているとのことで、「繁殖してしまっているのでは」と話している。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.