モルドバ共和国はワインがおいしい東ヨーロッパ観光の穴場

モルドバ共和国(モルドバきょうわこく、ルーマニア語: Republica Moldova)、通称モルドバ、モルドヴァ(Moldova [molˈdova] ( 聞く))は、東ヨーロッパに位置する共和制国家。内陸国であり、西にルーマニアと、他の三方はウクライナと国境を接する。旧ソビエト連邦を構成していた国家の一つであった。現在、ドニエストル川東岸地域が沿ドニエストル共和国として事実上、独立状態にある

本日 0pv

合計 809pv


スポンサードリンク

  出典 images.huffingtonpost.com

モルドバ共和国基本情報 | モルドバを含むモデルツアーはこちら

面積 33,800平方Km(近畿地方の2府5県を合わせたくらい)
人口 432万人
首都 キシナウ(ロシア語:キシニョフ)(約80万人)
時差 日本より7時間遅れ(サマータイム時は6時間)
言語 モルドバ語・ルーマニア語・ロシア語など
宗教 正教93%、プロテスタント2%
ビザ 観光目的で90日以内の滞在ならビザ不要
気候 温帯大陸性気候。観光のベストシーズンは4~10月頃

  出典 モルドバ旅行・観光情報・モデルツアー-オーダーメイド旅行のやまおとうみ

  出典 livedoor.blogimg.jp

最良の区画のブドウを手摘みで収穫し、樽熟成で仕上げたリッチなシャルドネ。
ステンレスタンク発酵、熟成にはハンガリアンオークを使用。
白桃や洋ナシ、柑橘の皮等のコクのある果実と張りのある酸がエレガントな、樽香が調和した辛口。


  出典 www.tabibito.de

食事
ルーマニア系のモルドヴァの料理は当然ながらルーマニア料理とほとんど同じ。田舎のほうには乳製品は一番大切だといえる。その内、Brânză (ブルンザ、塩っぽい羊のチーズ)、 Caşcaval(カシュカヴァル、普通の黄色いチーズ)、Smetana(スメタナ、ロシア風のサワー・クリーム)、Tvorog (トヴォログ、脆い生チーズ)などが普及している。トヴォログはよく砂糖、イチゴとスメタナという組み合わせで食べられ、とてもカロリーの多い料理だ。ルーマニアにもよくあるが、モルドヴァ人の Mâmâligâ(ママリガ、トウモロコシの粥)の食べ方は面白い。そのママリガは食べる前に溶かしたベーコン、そしてニンニクと羊のチーズに浸される。素朴だが、おいしい。

ペルメニ(ロシア風の餃子)などのロシア料理も普及している。モルドヴァのレストランでは、大体二種類がある。一つは伝統的なルーマニア料理、そして色々なロシア料理のアイテムを売るレストランだ。二番目はやや近代的で、イタリア料理を作る場所で。その二種類の頻度はほとんど同じだ。首都には、マクドナルドもある。小町には、レストランは少なくて、一個しかない場所もある。その場合には、小さい村にもあるAlimentari(食料品店)で食べ物が買える。

モルドヴァの各地にはVin(ワイン)が作られている。一番有名な場所は首都から北に15キロだけ離れているCricova(クリコヴァ)という町だ。そこには、数キロの地下の道路(車で使える!)が広がって、ワインが保存されている。特にモルドヴァ製の辛口の赤ワインには、おいしい種類がたくさんある。ワインがある場所には当然ながらコニャックも造られている。モルドヴァの一番美味しいコニャックはПМР(沿ドニエストル共和国)にある。当然ながら、Bere(ビール)も沢山ある。特に「Chişinău」、「Vitanta」と「Premium」という種類が普及して、それの種類の最後は中々美味しい。旧ソ連の国なので、Rachiu(ウォッカ)の無数の種類もある。

  出典 モルドバについて « 旅人の旅行記
モルドバについて « 旅人の旅行記
http://www.tabibito.de/jp/moldova/moldova
モルダウ共和国は西方のルーマニアと東方のウクライナの間に広がっている。モルドバは黒海から数キロだけ離れているのは不幸なことで、海岸が全くない。しかし、ドナウ川の1キロ以下の長さの河岸はモルドバの領地で、輸送船専用港を作る計画があるらしい。 高い山が全然ない。最高峰はDealul Balanesti(デアルル・バラネスティ)で、高さは430メートルだけ。が、国全体は山と丘に殆ど完全に覆われ、平地があまりない。特に川沿いには深い谷があるところが多い。こういう川谷はOrheiul Vechi(旧オルヘイ)などでRăut(ラーウト)川とモルドバの最大な川Nistru (ニストル、ドニエストル)沿いにある。ドニエストル川の東岸と黒海に近いモルドバの南端だけは平らになっている。 ルーマニアとの国境はPrut(プルト)川に定まれている。北には、プルト川が発電するために堰き止まれている。かつて、国全体は森林に覆われたが、殆ど全部は開墾されステップのようになった。モルドバの気候は大陸的で、夏は長くて暑い。冬は比較的に短いが、マイナス30度までになる可能性もある。モルドバは資源不足の国だが、土壌はかなり肥沃なのだ。然し、降水量は少なくて旱魃の年もある。地表には柔らかくて若い貝殻石灰岩や砂、砂利、石膏などの堆積岩が露出している。

  出典 upload.wikimedia.org

観光[編集]
積極的でないが、観光収入は4500万ドルで観光客は年間1万8000人。観光に最適な時期は葡萄の収穫時期の10月で、ワイン祭りが行われる。 2007年1月1日より、日本国民がモルドバに入国する際のビザ(査証)が免除された。
観光の見所としては、
キシナウ(首都)
ワイナリー
ミレスチ・ミーチワイナリー
クリコバワイナリー
要塞・城塞
ソロカのドニエストル川沿いの円形要塞
修道院・教会
オルヘイ・ヴェッキの岩窟修道院
クルキ修道院
などがあげられる[6]。

  出典 モルドバ - Wikipedia
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.