100円以下で栄養価がスゴイ!

PMS対策に「大豆もやし」

本日 0pv

合計 1485pv


スポンサードリンク

女性は、日々ホルモンバランスが変化しているため、お肌の調子も、身体の調子も毎日のように変わりますよね。とくに生理前のプロゲステロンの分泌が多くなる期間は、便秘やむくみ、イライラ、過食といった症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか? そんなPMS対策におすすめなのが「大豆もやし」です。大豆もやしには、ココロと身体を同時にケアできる栄養素が、たっぷり詰まっています。
■PMS対策になる「大豆もやし」の栄養素3つ
(1)「食物繊維」で便秘を解消
一般的なモヤシは「緑豆」を発芽させたものですが、大豆もやしは「大豆」を発芽させたものです。そのため大豆由来の栄養素が含まれていますが、発芽する過程で栄養素が格段にUPします。
大豆自体も食物繊維の多い豆ですが、大豆もやしには大豆の1.7倍の食物繊維が含まれています。PMSの症状のひとつである便秘の解消に、食物繊維は欠かせませんね。

(2)「GABA」と咀嚼でリラックス
気持ちをリラックスさせる働きがあるGABA。大豆もやしには、大豆の約6倍のGABAが含まれています。 また、大豆もやしは一般的なモヤシより歯ごたえがあるため、よく噛んで食べる必要があります。咀嚼には、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを予防する働きに加え、リラックスした状態の時に現れるα波を生み出し、気持ちをリラックスさせる働きもあります。ですから、GABAと咀嚼という2つの働きでイライラや過食の予防に役立ちます。

(3)「大豆イソフラボン」で女性ホルモンの働きをプラス
体内で女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボン。大豆モヤシは、大豆に比べ1.3倍の大豆イソフラボンが含まれています。さらに、発芽の過程で、身体に吸収されやすい大豆イソフラボンに変化しているそうですから、PMS対策にピッタリですね!

茹でるだけで食べられて、お財布にもやさしい「大豆もやし」。PMSの症状を辛いと感じている方は、エストロゲンの分泌が下がる生理前2週間に、大豆もやしを積極的に食べてみてはいかがでしょうか。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.