日本でフリーターするより アメリカ行ったほうが儲かる?

カリフォルニア州議会は3月31日、2022年までに州の最低賃金を時給15ドル(1680円)に引き上げることを承認した。ニューヨーク州知事も同日、2018年末までにニューヨーク市で15ドルへ引き上げることを議会側と合意し、表明した。 日本の最低賃金の倍となる大幅賃上げは、なぜ実現したのか。時給15ドルまで最低賃金を上げることを決めたのはカリフォルニア州が全米で初。ニューヨーク州が続いた。

本日 1pv

合計 1350pv


スポンサードリンク

日本の最低賃金より、かなり高くなるアメリカ。 いっそ日本でのバイトを辞めて、アメリカへ出たほうが稼げるのではないだろうか。 言葉は情熱があればなんとかなる。

なぜだ!日本だけ賃金が下がる!! イギリス・EU(平均)・アメリカ・フランス・ドイツは1997年から上昇を続ける。日本は下降。(OECD統計より算出)

Thu, 05 May 2016 14:13:31 +0900

  出典 img.buzzfeed.com

2012年、ニューヨーク市でファーストフード店の従業員約200人が時給を15ドル以上に上げるようストライキ。動きは全米に広がり、各地でデモやストライキを決行している


  出典 img.buzzfeed.com

最低賃金の引き上げを求めるデモ=2015年11月、ニューヨーク Spencer Platt /

アメリカも日本と同様、雇用を作り、賃金を上げろ!。 という国民の声を聞いてくれる候補者を支持するのが、当然だろ。 その過激な主張が国民の理にかなうなら、その候補者を支持するのが当たり前。 ただし、当選してから公約を実行できるのか?は??。 #ひるおび #tbs

Thu, 05 May 2016 13:30:17 +0900
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.