カレーうんちく3つ

知ればきっとおいしい話。

本日 0pv

合計 324pv


スポンサードリンク

■明治10年、西南戦争の年にカレーライスが銀座にデビュー!

カレーを初めて庶民向けに売り出したのは、記録をたどるかぎり、両国若松町(現在の東京都中央区東日本橋)にあった「米津フウ(※)月堂(現・東京フウ月堂)」である。洋食というと30~80銭(現在の物価に換算すると、およそ6000円~1万6000円)の高額なコース料理しかなかった時代、1877(明治10)年に開業した喫茶部では、カレーライス、カツレツ、オムレツ、ビフテキを8銭均一で提供したのだった。※=かぜかんむりに百

明治30年代ともなると、大衆向けの洋食屋が増え始め、カレーは洋食の代表格になっていく。

大阪も負けていない。1910(明治43)年には、生卵を使ったカレーで有名な「自由軒」が、大阪・難波で創業。1929(昭和4)年には梅田で阪急百貨店が開店し、カレーライスが食堂の超人気メニューとなっている。

大衆化が進む大阪に対し、東京では、本格化、高級化が進んだ。

1924(大正13)年、神田でスマトラカレー専門の店「共栄堂」が創業。続く1927(昭和2)年、パン屋からスタートした「新宿中村屋」が喫茶部で“純印度式カリー”を発売。創業者の相馬愛蔵が、インドの独立運動家ラス・ビハリ・ボースをかくまったことをきっかけに、スパイスが効いたインドカレーが日本で初めて紹介された。当時、巷のカレーは10銭前後。中村屋のカレーは80銭もする高級品だったが、一日200食を超える売れ行きだったという。

時代は飛んで戦後。1947年、大阪・難波で、日本人向けにインドカレーをアレンジした「インデアンカレー」が開店する。一方東京では、銀座に日本初のインド料理専門店「ナイルレストラン」がオープン。東西カレー専門店の歴史は、こうして後世に引き継がれていった。

■福神漬けはなぜカレーの永遠の友になったか

庶民の間にカレーが広まりつつあった明治30年代。当時の料理書には、カレーの薬味としてピクルスやチャツネ以外に、さまざまな代用品が紹介されている。今も定番のらっきょう漬けのほか、茄子の芥子漬けに奈良漬、紅生姜……。だが、“福神漬け”の名はどこにも見当たらない。それもそのはず、カレーライスと福神漬けはちょうどその頃に出会ったばかりだったのだ。

カレーライスに福神漬けが初めて添えられたのは、1902~03(明治35~36)年頃のこと。ヨーロッパを行き来していた日本郵船の客船の食堂で、チャツネの代わりに福神漬けを添えて出したのが始まりとされる。もっとも福神漬けが添えられていたのは一等客船用のみで、二等、三等の薬味は、たくあんだったという。

当時の記録を見ると、船に積まれていたのは「酒悦」の“福神漬”の缶詰。酒悦といえば創業1675年(延宝3)の老舗の漬物屋で、福神漬けの生みの親でもある。

明治の初頭、漬物といえば塩漬けしか手段がなかった。そこで酒悦十五代目の野田清右衛門は、醤油を使った漬物ができないかと試行錯誤。10年の歳月をかけ、1877年頃に味醂を使った甘辛い醤油漬けを完成させた。

材料に用いられたのは、上野界隈でとれる新鮮な大根、茄子、かぶ、瓜、しそ、れんこん、なた豆。7種の野菜を使うことから、「七福神」にちなんで“福神漬”と命名された。

昭和に入ると、カレーと福神漬けの組み合わせは、帝国ホテルや銀座の「資生堂パーラー」でも登場。かくしてカレーと福神漬けは、船上の思いがけない出会いから、分かちがたい友になったのだった。

■カレー好き県、カレー嫌い県は?

総務省による、現代の最新家計調査によれば、一世帯当たりのカレールウの購入量が最も多いのは青森市。最下位は那覇市で、青森市との差は579g。一皿の使用量が20gと考えると、その差は年間約29皿分に当たる(ちなみに、購入金額00のランキングでは、新潟市がトップ、神戸市が最下位となっている)。

購入量トップの青森県民曰く「スーパーのカレールウの棚はだいたい2列くらいあって、よそに比べて売っている種類が多い」とのこと。

一方、最下位の沖縄は、独自の食文化を築いているため、食に関するランキングでは極端な結果が出やすい。それを考慮しても「カレーは普通に食べているので、理由はわからない」のが県民の実感。「もしかしたら、家でカレーをつくらないのかも……」という声もあった。

ならば、カレー専門店の数でみてはどうか。「カレーハウス」の人口10万人当たりの店舗数ランキング(2013年度)では、石川県が6.28軒でダントツの首位。さすが「金沢カレー」発祥の地だ。金沢カレーとは、濃厚な硬めのルウにキャベツを添えたものが、ステンレスの皿と先割れスプーンで供される、金沢市のご当地カレー。県民は「金沢カレーのチェーン店だけでも、県内にたくさんある」と納得の様子。さらに2位の北海道には、スープカレーがある。地元民に愛されるご当地カレーがあることが、店の数の多さにつながっているようだ。

反対にワーストは福島県(2007年度以降最下位)。ルウの購入量でも、福島市は25位であることから、熱狂的なカレー好きではないのは確か。意外なのは、ルウの購入金額で1位の新潟県が46位という結果。県民は「おいしいお米が手に入りやすいから、カレーは家で食べるものなんでしょうね」と分析。そういえばルウの購入量最下位の那覇市を擁する沖縄県も、店舗数では13位と健闘。あれこれデータをみていくと、結局のところ、決定的にカレー嫌いの県なんて見当たらないのだった。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.