【しまむら】リュック&鞄。売り切れ続出の人気アイテム

激安衣料品チェーンストアのしまむらと、あの英国名産生地『ハリスツイード』のコラボ商品がこの秋に発売されました。想像を超える人気で完売店が続出中。ファッションに敏感な主婦を中心に、大きな話題となっています。

本日 1pv

合計 634pv


スポンサードリンク

  出典 business.nikkeibp.co.jp

激安衣料品チェーンストアのしまむらと、あの英国名産生地『ハリスツイード』のコラボ商品がこの秋に発売されました。想像を超える人気で完売店が続出中。ファッションに敏感な主婦を中心に、大きな話題となっています。

「えっ? しまむらっておしゃれな人が行くお店なの?」なんてことを今さら言っているのは、きっと何も知らないオジサンばかりです……。

ここ数年、主婦はもちろん若年層にもファンを広げているしまむらは、ユニクロはもとより、海外ファストファッションの雄であるH&MやFOREVER21にも負けないくらいおしゃれなアイテムがそろっているのです。今回はそんなしまむらが仕掛けたハリスツイードとのコラボ商品をご紹介します。

しまむらは北海道から沖縄まで全国に約1300店舗を展開しているアパレルチェーンです。ご存じの方も多いと思いますが、比較的郊外に立地する店舗が多く、以前はどちらかといえば、田舎の洋服チェーンというイメージだったように思います。

しかし、2009年頃からは「しまラー」なる言葉も登場して状況が一変。女性ファッション誌でも人気ブランドと肩を並べるように特集が組まれたこともあり、芸能人や影響力のあるモデルたちが「実はこれしまむらなの」といった具合に、しまむらアイテムをワードローブに取り込んでいることをブログやテレビなどで明かすようになりました。

最近では「東京ガールズコレクション」にも参加。日本と台湾、上海だけの展開にかかわらず、その売り上げ規模は世界のアパレルチェーンランキングで、ユニクロ、H&M、Gapなどと並んで7位に入るほどなのです。

一方のハリスツイードは18世紀頃、スコットランド北西部のハリス島(ルイス島南部)で生まれたウール生地。1mあたりで400g以上もある分厚い生地は、元々は厳しい寒さと吹きすさぶ風雨から身を守るために家庭ごとに手織りされた、いわゆるホームスパンというものです。


  出典 business.nikkeibp.co.jp

1909年にハリスツイード協会が誕生し、その製法やクオリティを厳しく管理して現在に至ります。同じくスコットランドのフィッシャーマンセーターと同じように、漁に出る男たちのために妻たちが手織りした生地は防寒性が高く、しかも油気を多く含んだウールは雨にも強い。化学繊維が台頭してくる前は、イギリスの貴族たちがフライフィッシングやハンティングのときにも着用していたほど。

NHKの連続ドラマ「マッサン」でスコットランドが注目されるこのタイミングに、ウイスキーと並んでハリスツイードが主婦たちの熱視線を集めているというのも、何だか偶然にしては出来すぎのような気もしますね。


  出典 business.nikkeibp.co.jp

そんなハリスツイードが再び注目を集めたのは、ちょうど今から5年ほど前、ハリスツイードが100周年を迎えた頃です。「ビームス」や「ユナイテッドアローズ」といったセレクトショップを中心に、秋冬物にハリスツイードアイテムが大量に登場しました。おそらく、かなり大量の生地が出荷されたのではないでしょうか。こうしてハリスツイードはブランド化していったわけです。


  出典 business.nikkeibp.co.jp

以降、同アイテムは秋冬になると定番化しているわけですが、それはいわゆるセレクトショップレベルのお話。だれが見ても、しまむらとの接点はなさそうに思えたのでした。

なので、重厚でおしゃれにうるさいダンディーオヤジが薀蓄(うんちく)を語りたくなるハリスツイードと、ファストファッションの象徴ともいえるしまむらのコラボは、まさに対極の組み合わせ。この衝撃は想像以上に大きかったようです。

しまむらとハリスツイードのコラボが熱い! | カンパネラ
http://business.nikkeibp.co.jp/article/campanella/20141210/274997/
激安衣料品チェーンしまむらと、大ブームの英国名産生地『ハリスツイード』のコラボ商品が大人気。ファッションに敏感な女性たちに話題のコラボ商品のトレンドに迫ります。
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.