癒しの空間を求めて

目まぐるしい現代社会を生き抜くには、自宅に癒しの空間を演出する事が必須となってきました。それはどのような小さい事でも構わないのですが、趣味を生かした手近な所から作り上げていくと、きっとあなたの疲れ果てた心を安住の地へといざなってくれることでしょう

本日 1pv

合計 2771pv


スポンサードリンク

それらを振り返りながら丁寧に自分の身の周りに飾っていくと、きっとそこから何かが見えてくると思います。一輪の花を気に入った花瓶に挿して生活の傍らに置く事だって 立派な癒しにつながるはずです。インテリアを楽しむ事がもてはやされるのも、そのような癒しの空間を求めての試みなのでしょう。


  出典 matomail.biz

  出典 matomail.biz

部屋の片隅に並べて置く事も良いアイディアかもしれません。埃がたまってしまうとか、邪魔だとか言わないで、まず実行してみる事です。手元に届く距離に見慣れた普段から気に入っている小物を配置すると ふとそこへ目が走った時微笑みが生まれる事でしょう。小さな小物は自分が生活してきたあかしでもあります。きっと手に入れた当時の想いがこみ上げてきたら素敵ではありませんか。


  出典 matomail.biz

  出典 matomail.biz

  出典 matomail.biz

  出典 matomail.biz

その配置は必ずしもデザインセンスが必要ではありません。要は持ち主の気に入ったように、普段から自然に目に触れる事ができるように、他の物の邪魔にならないように配置すれば良いのです。並べられている物たちの配置や状態が気になったらほんの少し動かしてみましょう。そうしていくうちに きっとこれだと言う状態に仕上がっていきます。せっかく並べたのだから愛情のこもった目を向けてあげる事です。


  出典 matomail.biz

手じかな物でも

このように美しい光を放つのですよ


  出典 matomail.biz

  出典 matomail.biz

  出典 matomail.biz

動くもの、最終的には生き物たちを身近に置く事も必ず貴方の大きな癒しの基となるでしょう。手はそれなりに掛かるようになりますが、その手間が、普段の息づまるような時の流れをたとえ一時的にでも止めてくれて ほっと一息の時間を手に入れる事が叶います。


  出典 matomail.biz

  出典 matomail.biz

  出典 matomail.biz

  出典 matomail.biz

かざるスペースがないと嘆いてはいけません。どのような場所にも、誰にでも平等に癒しの空間は作れるものです。その昔、収容所の壁にすら一筋のいたずら描きがなされ それによってどれだけ心が救われたのか計り知れないのですから。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



    スポンサードリンク

    話題まとめHOT

    当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


    Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.