裏技!缶切りがなくても、自分の手の届く範囲なもので缶詰を開ける手段

今の時代は片手で手軽にに開けられる缶詰が増加していますが、缶切りがいる缶詰だったり、キャンプや野外活動で缶切りが必須になる事だってまだまだありますよね。

そのような時に知っておくと相当有用な、缶切りを使わないで”缶詰”を開ける感銘のテクニックがあるんです!知っておいて損はないですよ。



本日 0pv

合計 173pv


スポンサードリンク

缶切りがない時の代用品として最も知られているのがスプーンを使った缶詰の開け方。

この時使用するスプーンは、カレースプーンの様に大きく頑丈なタイプのスプーンが最適です。

最初にはじめに穴を開けたいところをグッとこすります。

思いっきり力を入れて小刻みにこすりながら、スプーンの先を缶詰に押し込んでください。

するとしばらくするとそこに穴が一つ開きます。

後はスプーンで穴を広げながら、中身を取り出せる大きさまで開けていきます。

加えて、マイナスドライバーもスプーンと同じように真っ先に1カ所につき立て、上から金づちなどで叩くと直ちにに穴が開きます。

そして屋外で缶切りがなく缶詰を開ける時は、普通缶切りを引っ掛けるところをコンクリートや石のフラットな面にゴシゴシと擦りつけます。

出っ張りがなくなったところで缶の側面を握ると蓋が手軽にに開きます。







どっちも、どのご家庭にもあり困った時は代用品として役に立つものですよね。

野外活動で缶を開けるメソッドは知らなかったと言う人も多々あるのでは?仮にスプーンやマイナスドライバーが手元になくても、石なら外に行けばどれだけでもありますね。

採り上げるのご解説した手法は、くれぐれも缶切りの代用品なので間違えて手をケガしてしまわないように気を留めて開けて下さい。



↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.