SMAPファン感涙必至!

60年目のカンテレ社屋でサイン入り「ティアドロップ」一般公開

本日 10pv

合計 363pv


スポンサードリンク

大阪・扇町の関西テレビ(カンテレ)が22日、1958年の開局から丸59年となり、60年目に突入。来年の60周年に向けての“プレ・イヤー”をPRするため、社屋1階のアトリウムがリニューアルされ、同局が制作したバラエティー「SMAP×SMAP」のセットの一部が一般公開された。
 「カンテレミュージアム」と題したコーナーの最上部に飾られているのは、1996年4月15日にスタートした「スマスマ」の歌のコーナーでセットとして使用していた、涙型の「ティアドロップ」。97年10月13日に関西テレビが西天満から扇町へ社屋を移転した際の記念として「SMAP×SMAP,97 今夜は大阪から生スペシャル」の生放送を送った際、メンバー5人が直筆サインを入れた。
 以来20年、社屋の正面玄関に飾られていたが「多くの方に見ていただきたい」(同局)と展示が決定。スマップファンにとって感涙スポットとして人気を集めそうだ。
 ほかに、SMAPメンバー5人が番組スタッフに贈った、お椀(わん)&フォーク・スプーンセットや、歌手の故・やしきたかじんさんが「たかじん胸いっぱい」の司会で使用していた指し棒など、貴重なグッズが並べられている。
 アトリウムには午前8時から深夜0時まで入る事ができ、誰でも無料で観覧できる。展示は19年3月末までを予定。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



    スポンサードリンク

    話題まとめHOT

    当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


    Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.