たらい回しの語源・由来を知ってましたか?

たらい回し、たらい回しってたまに言いますが、語源・由来を知ってましたか。 調べてみました。

本日 0pv

合計 1828pv


スポンサードリンク

人や物、また権利・地位などを、ある限られた範囲内で、順送りにすること。「病院を転々と―にされる」「権力の座を―する」

  出典 たらいまわし【盥回し】の意味 - goo国語辞書

  出典 stat.ameba.jp

大臣職など公務を身内だけで順番に回すこと。転じて現代では、面倒な問い合わせやトラブル処理など日常業務以外の案件を部門間で押し付け合うこと。責任転嫁の術。(ex.「担当が違います」と、書類を受け付けて貰えず、部門間を彷徨う)

  出典 たらい回しとは - はてなキーワード

医療における「たらい回し」[編集]
概念[編集]
医療における「たらい回し」は、テレビなどの報道媒体から派生した用語である。報道で見られる用法の多くは、病院の「受け入れ不能」「受け入れ困難」の言い換えという形で用いられており、119番通報した患者の元へ救急車でかけつけた救急隊員が、医療機関に受け入れ可能かを問い合わせ、「受け入れの人手・物資が足りない」などの諸理由により断られること、また医療機関がより高次の別の医療機関に搬送可能かを問い合わせて同様に断られることなどの事例の呼称である。
近年では慢性的な医師・ベッドの不足などに端を発する医療崩壊により、患者がなかなか病院に受け入れてもらえず、最悪手遅れとなり死に至るケースもある。だが、実際にはかなり多くの例が、不可避な理由での「受け入れ不能」な事例であり、それらを考慮せず「たらい回し」という用語を用い、病院・医師側が加害者であるかの様な報道されているケースもある[1]。

  出典 たらい回し - Wikipedia

  出典 www.thr.mlit.go.jp

たらい回し(たらいまわし、盥回し)とは、たらいを足などで回す曲芸。転じて、物事を次から次へと送りまわすこと、面倒な案件などを部署間で押し付け合う責任逃れ(俗に言う「責任のなすり合い」)や責任転嫁などをそう呼ぶようになった。

  出典 たらい回し - Wikipedia

  出典 www.ntt-west.co.jp
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.