柔道の阿部妹の詩がカワイイ過ぎる件

柔道のグランドスラム東京大会第1日は2日、東京体育館で男女計5階級が行われ、男子66キロ級は19歳の阿部一二三(ひふみ)(日体大)が決勝で橋口祐葵(ゆうき)(明大)に一本勝ちし、2年ぶり2度目の優勝を果たした。
 女子52キロ級で2位と健闘した阿部詩は、、阿部一二三の妹。同時優勝は逃したが「精いっぱいやった。外国人としっかりと闘えることが分かった」と充実の表情を浮かべた。

本日 8pv

合計 3634pv


スポンサードリンク

阿部 詩(あべ うた、2000年7月14日 - )は、兵庫県神戸市出身の、日本人の女子柔道選手である。階級は52kg級。身長158cm。血液型はB型。段位は初段。組み手は右組み。得意技は内股、袖釣込腰。現在は夙川学院高校に在学[1]。兄は66kg級で活躍している阿部一二三[2]。

  出典 阿部詩 - Wikipedia

  出典 www.sankei.com

柔道は5歳の時に兄に続いて兵庫少年こだま会で始めた[1]。兄の一二三によれば、妹は非常に熱心で妹の方が強くなると道場の関係者に期待されていたという[2]。小学校5年の時に全国小学生学年別柔道大会40kg級に出場するが2回戦で敗れた。6年の時には45kg超級に出場するも初戦で敗れた[1]。
夙川学院中学1年の時には全国中学校柔道大会52kg級に出場するが3回戦で敗れた。2年の時には決勝まで進むも田島中学3年の富沢佳奈に敗れて2位だった[1]。3年の時には全日本カデの決勝で埼玉栄高校1年の富沢と対戦すると、内股で一本に近い技ありを先取しながら 合技で逆転負けを喫して2位に終わった[3]。全国中学校柔道大会では決勝でバルセロナオリンピック71kg級金メダリストの古賀稔彦の娘である東橘中学3年の古賀ひよりを内股の有効で破って優勝を飾った[1]。全日本ジュニアでは3位となり中学生ながらシニアの全国大会である講道館杯に出場するも、2回戦で富沢に技ありで敗れた[1]。
2016年には夙川学院高校に進学すると、1年の時には全日本カデの決勝で大成高校1年の河端風を指導2で破って優勝を飾った[4]。インターハイでは初戦で反則負けを喫した。全日本ジュニアでは3位だった[5]。講道館杯では準決勝で了徳寺学園職員の角田夏実に腕挫十字固で敗れるも、高校1年ながら3位入賞を果たした[6]。 12月には初のシニアの国際大会であるグランドスラム・東京に出場すると、史上最年少の16歳4ヶ月で決勝まで進むが、角田に腕挫十字固で敗れて優勝はならなかった。なお、兄の一二三は優勝したことにより、兄妹でのメダル獲得となった[7]。

  出典 阿部詩 - Wikipedia

  出典 www.hochi.co.jp

  出典 blog-imgs-72.fc2.com

  出典 lpt.c.yimg.jp

  出典 pbs.twimg.com

  出典 blogs.c.yimg.jp

  出典 daily.c.yimg.jp

  出典 www.ejudo.info
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.