スポンサードリンク


方意



  出典 chinese-kampo.com

神経質、ノイローゼ、めまい、動悸、息切れ、頭痛、からだフラフラ型の方に


証、病機、主治など



痰飲・心陽虚痰飲・心脾陽
  出典 ハル薬局
治法⇒温化寒飲・健脾利水・散寒・補陽・利湿

熱病後、大汗などによる傷津、あるいは老人・産後の陰血不足で、腸道が濡潤されないために便が硬くなり秘結する。
  出典 薬膳情報.net

中陽不足の痰飲病。
  出典 【百年漢方】
胸脇支満、目眩心悸、あるいは短気咳、舌苔白滑、脈弦滑。


保険適応、効能など



めまい、ふらつきがあり、または動悸があり尿量が減少するものの次の諸症:
神経質、ノイローゼ、めまい、動悸、息切れ、頭痛

  出典 ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)


処方構成



  出典 matomail.biz

温化痰飲、健脾利湿


方義




利水滲湿、健脾安神



補気健脾、燥湿利水、止汗安胎



発汗解表、温通通陽



補脾益気、潤肺止咳、緩急止痛、緩和薬性


処方鑑別



炙甘草湯
比較的体力の衰えているもので、動悸を主目標とし、息切れ、頻脈、脈結代、足蹠のほてり、皮膚枯燥、口渇などを伴う。心の気陰両虚。

半夏白朮天麻湯
胃腸症状が著明で、冷え性で、頭痛、頭重感とともにめまいを訴える。脾虚と肝血虚で痰飲と内風が上擾。

五苓散
口渇、尿量減少があって、めまい、頭痛、嘔吐などがある。脈は浮。

真武湯
立ちくらみ、身体動揺感はあるが、手足が冷えて下痢しやすい。脈は浮。

当帰芍薬散
動悸、めまいを訴えることがある。貧血と浮腫傾向がある。(血虚+水毒の証)

苓姜朮甘湯
心下悸があるが、下焦の寒飲で、腰から下の冷えが著明。脈は沈弱。苓桂朮甘湯は水飲が上衝し、苓姜朮甘湯は水飲が下に沈降したもの。

引用元:sharetube


参考リンク



・ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)
http://sharetube.jp/article/5906/

・生薬のブログ: 生薬一覧
https://ktuasmuar3i.blogspot.jp/p/blog-page.html

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.