貴女は平気!?ホルモンバランスが乱れた時の危険性とは

ホルモンバランスが乱れると、生理不順、生理痛、不正出血、PMS(月経前症候群)、自律神経失調症、不妊、更年期障害、肌荒れ・ニキビなど多彩な症状を引き起こす見込みがあると言われています。



本日 0pv

合計 280pv


スポンサードリンク

生理不順 

過少月経月経血の量も少なく、2日以内で生理が終わってしまう事。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌が少ない事により起こるとされている。



頻発月経    
頻発月経生理周期が24日以内である事。

エストロゲンの分泌が少なく十分に卵胞が発育しないまま排卵したり、プロゲステロンの分泌が不十分であったりする事が腹積もられる。



過多月経 

8日以上出血が続く事。

子宮内膜症や子宮筋腫の疑いがある。



器質性月経困難症 

子宮内膜症や子宮筋腫など子宮内や卵巣などにどこかに病があるために起こります。

病の治療を行う事で症状は改善します。

機能性月経困難症 

生理中は子宮の収縮が促すためにプロスタグランジンホルモンが分泌されます。

このプロスタグランジンは苦痛や炎症を起こす働きがあるため、このホルモンが異常に分泌されると強い苦しみを感じてしまいます。



不正出血とは、生理ではないのに子宮から出血してしまう症状の事です。

これはホルモンバランスの乱れにより、子宮内膜が刺激され子宮内膜が剥がれてしまう事で起きます。

なお、子宮筋腫や子宮がんなどがきっかけで起こる時もあります。

基礎体温を測るとともに、月次不正出血がある時は早めに受診しましょう。



肌荒れ・ニキビのきっかけは、本当はホルモンバランスの乱れが大きく結びつきしていると言われます。

ホルモンバランスが乱れて女子ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンが過剰に分泌されます。

男性ホルモンには、ニキビや肌荒れの元となる皮脂の分泌を活発にする働きや、毛穴を塞ぎやすくする働きがあるため、肌荒れ・ニキビを引き起こしやすくしてしまうのです。



↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.