本日 0pv

合計 108pv


スポンサードリンク


方意



  出典 chinese-kampo.com

空咳、気管支炎、気管支喘息、渇いたのどを潤し、苦しい咳を鎮める良薬


慢性の炎症や消耗性疾患のため胃中に津液が乏しくなった結果、気道の粘膜も乾燥して刺戟を受けやすくなっている状態を改善する方剤である。従ってよく痙攣性咳嗽を目標に用いられる。
やせて枯れ水気の少ない人の咳によく用いる。また、妊婦の咳の妙薬でもある。
脈は沈細数。
舌は紅舌。乾燥し、薄い白苔。

【診断のポイント】
・反射性の烈しい咳(大逆上気)
・咽喉のヒキツリ(咽喉不利)
・心下痞


証、病機、主治など



肺胃陰虚
  出典 ハル薬局
治法⇒滋陰益気・補益肺胃・降気・気津双・滋陰(肺、胃)・止咳

肺胃陰虚で気機が上逆した状態。
  出典 薬膳情報.net−方剤(麦門冬湯)
胃陰が不足して津液が上承しないので口渇、口乾がみられ、胃気が和降できずに上逆すると嘔吐を伴う。胃陰虚で虚火が肺陰を傷灼すると、肺陰も不足して肺気が上逆するので、咳こんで咳嗽が続き、痰が切れにくく粘稠である。肺胃陰虚で咽が濡潤されず、虚火が上炎して咽が灼されるために、咽に刺激感があり乾燥する。舌質紅で乾燥少苔、脈細は、陰虚を現す。

1.肺陰不足。 2.胃陰不足。
  出典 【 百年漢方 】
1.咳逆上気、あるいは咳吐涎沫、口乾咽燥、手足心熱、舌紅少苔、脈虚数。
2.気逆嘔吐、口渇咽乾、舌紅少苔、脈虚数


保険適応、効能など



痰の切れにくい咳、気管支炎、気管支ぜんそく
  出典 ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)


処方構成



  出典 matomail.biz

滋養肺胃、降逆和中


方義




潤肺養陰、益胃生津、清心除煩



燥湿化痰、降逆止嘔、消痞散結



大補元気、補脾益肺、生津止渇、安神益智



養胃健脾



補脾益気、潤肺止咳、緩急止痛、緩和薬性



補中益気、養血安神、緩和薬物


処方鑑別



半夏厚朴湯
虚実はほぼ同じ。咳は反射性の烈しい咳ではなく咽頭に何か詰まった感じ(咽中炙臠)である。神経質な傾向がある。(胃気上逆)

麻杏甘石湯
喘鳴と咳嗽が強く、口渇、発汗がある。(肺熱喘咳)

清肺湯
咳よりも粘稠な喀痰が著明である。(肺陰虚熱)

引用元:http://sharetube.jp/article/5906/


参考リンク



・ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)
http://sharetube.jp/article/5906/

・生薬のブログ: 生薬一覧
https://ktuasmuar3i.blogspot.jp/p/blog-page.html

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.