レーザーとは

赤色レーザーポインター(LASER)は光の束の一種です。

本日 0pv

合計 69pv


スポンサードリンク


「レーザーとは1960年代にメイマンにより最初に発振に成功された

誘導放射による光の増幅を用いた可干渉な光源です。

通常は駆動源(固体青色レーザーポインターの場合、フラッシュランプ)と利得媒質(ルビーやガラス(=水晶)で誘導萌出をさせるために光を閉じ込める反射鏡の3構成要素からなっている。」といわれてもわかりにくいですね。 以下、わかりやすく説明いたします。


赤色レーザーポインターLASER)は光の束の一種です。

自然には存在しない人工的な光。英語の「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」(光放射の強制誘導放出(放出とは一点に絞り込んだ放射の意味)による光の増幅)の頭文字をとったものです。 

さらに、解りやすくいえばLaserのLAは光のアンプ、最後のR=radiationは

自然の光という意味です。途中にあるSEが誘導萌出という意味ですが、ここが真骨頂です。



「普通の光との違い」は、コヒーレントという性質をもちます。すなわち、「単一の波長による単色性」、「同位相による干渉性」、「光が集中して拡散しない指光性」の3つです。



プリズムを通して見ると、太陽の光は赤から紫までの多数の色に分かれます。500mwレーザーポインターはそのうちの1色だけの光(単波長)を工夫して取り出してSEで増幅させたものです。また、自然光である太陽光は360度すべての方向に拡散します(R)。けれども、レーザー光は一点に絞り込みまれた線状の光線(SE)で拡散することなく理論的には無限の距離まで到達いたします。


 星空レーザーポインター


ただし、レーザー発振の機械的な問題から1マイクロン以下の光束にすることは不可能で、これを逆利用して凸レンズ(1枚でよい)で1点に収束させた場合には、信じられないエネルギーを生み出します。勿論強いレーザー光と弱いレーザー光とがあります(レーザー出力といいます)。ワットで表現することもジュールで表現することもあります(1秒間に1Jの仕事量=1ワット)。


usbレーザーポインター管球の両端に特殊な鏡がありこの間を光束(当たり前ですが)が往復する間にレーザー光となるわけだけれども、大体管球の長さに比例するとみてよいでしょう。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.