【名馬動画集】怪物ハイセイコーの重賞レース名勝負動画まとめ

1972年から1974年の間に怪物と呼ばれたアイドルホース「ハイセイコー」が好走した重賞レース動画をまとめています。

本日 0pv

合計 154pv


スポンサードリンク

  出典 www.nikkankeiba.co.jp

ハイセイコー(Haiseiko)は、日本の競走馬。1970年代の日本で社会現象と呼ばれるほどの人気を集めた国民的アイドルホースで、第一次競馬ブームの立役者となった。1984年、顕彰馬に選出。
性別 牡
毛色 鹿毛
白斑 流星、右後一白
生誕 1970年3月6日
死没 2000年5月4日(30歳没・旧31歳)
父 チャイナロック
母 ハイユウ
母の父 カリム
生国 日本(北海道新冠町)
生産 武田牧場
馬主 (株)王優→ホースマンクラブ
調教師 伊藤正美(大井)→鈴木勝太郎(東京)
厩務員 山本武夫(大井)→大場博(東京)
競走成績
生涯成績 22戦13勝
(地方競馬6戦6勝)
(中央競馬16戦7勝)
獲得賞金 2億1956万6600円

1972年(昭和47年)7月、大井競馬場でデビュー。同年11月にかけて重賞の青雲賞優勝を含む6連勝を達成。翌1973年(昭和48年)1月に中央競馬へ移籍し、「地方競馬の怪物」として大きな話題を集めた。移籍後も連勝を続け、4月に中央競馬クラシック三冠第1戦の皐月賞を勝つとその人気は競馬の枠を超え、競馬雑誌やスポーツ新聞以外のメディアでも盛んに取り扱われるようになり、競馬に興味のない人々にまで人気が浸透していった。5月27日に東京優駿(日本ダービー)で敗れたことで不敗神話は崩壊したが人気は衰えることはなく、むしろ高まり、第一次競馬ブームと呼ばれる競馬ブームの立役者となった。

  出典 ハイセイコー - Wikipedia
ハイセイコー | 競走馬データ - netkeiba.com
http://db.netkeiba.com/horse/000a000b7f/
ハイセイコーの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。
  

出典 Youtube

1973 弥生賞 ハイセイコー
  

出典 Youtube

【懐かしいラジオ競馬実況】怪物ハイセイコー8連勝~1973年フジテレビ賞スプリングステークス~ラジオ日本
  

出典 Youtube

1973 皐月賞 ハイセイコー
  

出典 Youtube

1973 NHK杯 ハイセイコー
  

出典 Youtube

1973 日本ダービー タケホープ
  

出典 Youtube

1973 菊花賞 タケホープ
  

出典 Youtube

【競馬】ハイセイコー復活大差勝ち・タケホープ3着~1974年中山記念~実況_ラジオ関東(現ラジオ日本)
  

出典 Youtube

1974年有馬記念 - タニノチカラ
  

出典 Youtube

さらばハイセイコー
  

出典 Youtube

名馬物語・ハイセイコー
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.