意外!こんな車はシートベルトをしなくてよい

街で時折見かけるシートベルトをしていない外車や日本のクラシックカー。公道を走るのに、果たして問題はないのでしょうか。

本日 0pv

合計 109pv


スポンサードリンク

  出典 matomail.biz

道交法で着用が義務づけられているはずのシートベルト。しかし、そんなシートベルトがそもそもついていない車も存在します。
そんな車を運転、シートベルトなしで利用して大丈夫なのでしょうか。

現在では当たり前になったシートベルトですが、車両への設置義務が定められたのは、1969年。

製造当時に設置義務のなかった車については、着用義務は除外されるのです。

後部座席にシートベルトの設置義務が定められた1975年以前製造の車も同様に、全席シートベルト着用義務があっても、後部座席にシートベルトのついていない車の着用義務も除外されます。


  出典 matomail.biz

昭和44年3月31日以前に製造された車は、完全免除
昭和44年4月1日以降昭和50年3月31日までに製造された車は、2点式ベルトが必要
昭和50年4月1日以降に製造された車は、3点式ベルトが必要

ただし、メーカーの後付けなどでシートベルトが備え付けられている場合、着用義務があるため、注意が必要。
※あくまでその年代に作られ、かつ、装置としてシートベルトがない場合に限り着用義務が免除ということのようですね。

運転席以外も、そもそも製造時に装置がついていないで当時の基準を満たして作られたものに関しては、義務の免除のようです。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.