元SMAP3人が雑誌から消える?

テレビ誌にジャニーズから「言葉にならないプレッシャー」

本日 0pv

合計 552pv


スポンサードリンク

9月8日をもってジャニーズ事務所を退社した元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人。SMAPの育ての親である元マネジャーの飯島三智氏が設立する新事務所に入るのではないかとささやかれているが、当面3人はフリーという形で、どこの事務所にも所属せずに芸能活動を続けていくことになる。
 通常、事務所を移籍した場合、最低でも半年間は芸能活動ができないという暗黙のルールがあるが、3人については香取の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)以外のレギュラー番組は継続。新たな仕事のオファーも受けているとのことで、“特例”として「半年ルール」は適用されないようだ。
 とはいえ、完全にこれまでと変わらず活動できるかといわれれば、そうでもない。とある芸能事務所関係者はこう話す。
「ジャニーズ事務所は各テレビ誌と蜜月の関係で、毎号のようにジャニーズのタレントが掲載されていますが、今後、退社した3人については、テレビ誌から消えることになりそうです」
 一体どういうことなのだろうか?
「ジャニーズサイドからテレビ誌側に直接『3人を出すな』と要請しているわけではないものの、『よろしくお願いしますね』などと、暗にプレッシャーをかけているようです。この言葉の意味するところは、つまり『3人は載せるな』ということ。編集部としては、ジャニーズのおかげで雑誌が売れているということもあって、そこはもう“忖度”するしかない。ということで、元SMAPの3人がテレビ誌に載るのは、現在発売されている最新号が最後になるかもしれない」(同)
 ジャニーズ側のプレッシャーで、雑誌の編集部が忖度するケースは、決して珍しくないようだ。週刊誌記者はこう話す。
「元ジャニーズのタレントを載せてはいけないというのはもちろんのこと、ライバルとなるような男性アイドルグループを載せる時は、ジャニーズのタレントよりも扱いを小さくしなければいけないなど、編集部はいろいろと気を使っています。ジャニーズとの付き合いがある雑誌では、少なくとも半年間は、稲垣、草なぎ、香取の3人を載せないでしょう」
 晴れてジャニーズ事務所の呪縛から逃れたかに思えた3人だが、その鎖を外すのは、そう簡単なことではないようだ。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.