【サプリメントまとめ】 マンゴスチン果皮

マンゴスチン果皮(パナキサントン)まとめ

本日 0pv

合計 126pv


スポンサードリンク

  出典 upload.wikimedia.org

マレー半島を原産地とするオトギリソウ科樹木の果実で、学名はガルシニア・マンゴスターナ(Garcinia Mangostana)。
果実は美味で「果物の女王」と称される。

果皮に含まれる「キサントン(Xanthones)」という成分の抗がん作用が注目されている。

果物として生食するのは、中の白い部分ですが、マンゴスチンの紫色の果皮には、キサントン類、プロシアニジン類、カテキン類などの様々なポリフェノールが含まれています。

  出典 マンゴスチン | 商品情報|機能食品カンパニー

なかでも、ロダンテノンB(マクルリン配糖体)はマンゴスチン特有の成分であり、多くの作用が知られています。

果皮には、キサントン(xanthone)類という成分が含まれており、その主成分はα-マンゴスチン(α-mangostin)やγ-マンゴスチン(γ-mangostin)と呼ばれる物質です。

  出典 【国産】マンゴスチン粒60(キサントン含有)180粒入

これらの成分はポリフェノールといわれるファイトケミカルの一種で、人間の健康にも有益に作用すると考えられています。

抗糖化作用

マンゴスチンエキスには糖化反応阻害剤であるアミノグアニジンと比較して、高い抗糖化活性が確認されています。

果皮にはタンニンやキサントンが含まれており、免疫機能を高める効果に優れています。また、老化の原因のひとつである糖化を抑制する効果も持つとして注目が集まっています。

  出典 マンゴスチン | 成分情報 | わかさの秘密

マンゴスチンの健康効果
◎糖化を防ぐ効果
◎免疫力を高める効果
◎老化を防ぐ効果


  出典 www.panaxanthone.com

キサントン誘導体等の有用性

マンゴスチン果皮の抽出エキスに含まれるキサントン誘導体(α-マンゴスチンやγ-マンゴスチン等)に、アポトーシス誘導活性や抗酸化・抗炎症活性等が見出された

「マンゴスチン」の果皮に含まれる「キサントン(Xanthones)」という成分の抗がん作用が注目されています。

  出典 キサントン:マンゴスチン果皮に含まれる抗がん成分

キサントンは他に類をみないほど強力な抗酸化作用をもっており、さらに、抗菌・殺菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、シクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)阻害作用、がん予防作用、抗腫瘍作用などが報告されています。

発がんや炎症の悪化に関連するNF-κBという転写因子の活性を阻害する作用も報告され、がんや炎症性疾患を治療する効果が報告されています。

  出典 ブログ|マンゴスチンのブログ -4ページ目

がん細胞の増殖(細胞分裂)に関与するシグナル伝達系を阻害してがん細胞の増殖を抑制する。

マンゴスチン抽出物はプロスタグランジンの産生を抑制すること(例えば、特許文献10を参照)も知られている。

  出典 IκBキナーゼ阻害剤の製造方法

IκBキナーゼ⇒http://www.mikanbox.com/md-lab/column/words06/IKK.html
核内転写因子NF-κBと結合している抑制因子I kappa B(IκB)をリン酸化する酵素。酸化ストレス等によってリン酸化され、活性化される。

- PubMed - NCBI
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19697997
Effect of a mangosteen dietary supplement on human immune function: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. J Med Food. 2009 Aug;12(4):755-63. doi: 10.1089/jmf.2008.0204. Randomized Controlled Trial

多様なビタミンおよびミネラルを含んでいるマンゴスチンエキスの健康正常人に対
する免疫機能について調べました。マンゴスチンエキスの30日間の摂取は、ヘルパーT細胞を増加させ、血清中C反応性タンパク質を低下させました。さらに、血清中のC3、C4補体濃度は、プラセボと比べて有意に増加しました。このことから、マンゴスチンエキスはヒトの免疫機能を高める働きがあると考えられました。

- PubMed - NCBI
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18038502
Evaluating the efficacy in improving facial photodamage with a mixture of topical antioxidants. J Drugs Dermatol. 2007 Nov;6(11):1141-8. Comparative Study; Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't

緑茶・白茶、マンゴスチンおよびザクロ抽出物で構成されるスキンクリームまたはプラセボクリームを35-65歳の女性の肌に1日2回2週間塗布しました。眼窩周囲皮膚をPRIMOS画像で計測した結果、スキンクリームは肌表面を改善しましたが、プラセボは肌荒れが増加しました。また、スキンクリームは肌のキメを正常にしました。このことから、スキンクリーム(緑茶・白茶、マンゴスチンおよびザクロ抽出物)は、皮膚の加齢変化を改善する働きがあることがわかりました。

- PubMed - NCBI
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7581813
Mangostin inhibits the oxidative modification of human low density lipoprotein. Free Radic Res. 1995 Aug;23(2):175-84.

マンゴスチンのLDL酸化に対する作用について調べました。マンゴスチンはLDL中で生成されるチオバルビツール反応性物質(TBARS)を阻害しました。また、マンゴスチンは銅誘発の酸化LDLも阻害しました。これらのことから、マンゴスチンは、LDLの抗酸化活性があると考えられました。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.