夫妻暮らしのあり方心積もりしませんか家族って何?何歳まで避妊はすべき?

「夫妻暮らしのあり方」をマジメに腹積もりた事はありますか? 「そもそも、夫妻ってなんぞや?」を突き詰めていくと、夫妻暮らしを思い描くヒントにも! 家族暮らしを大緊急記事にします。



本日 1pv

合計 130pv


スポンサードリンク

『初恋家族』ご存じですかかつて告白して、5回もフラれまくった相手とお見合いで再会し、そのような初恋の人と送る前途多難な結婚暮らしを描いた作品です。

ど地方で様々な苦労をしながら生活する主人公に、思わず感情移入している人も多々あるんです!。

夫妻は、普通には運命共同体。

いい事も悪い事も、共有しながら毎日を紡いでいく結びつき性です。

そのあたりの意識が双方にあるかないかによっても、目指す形の夫妻になれるかは大きく異なる!。

フレッシュな頃から共にいて、共に40代を迎えたとしても、家族は結局は「他人」です。

「わかり合えないところがあっても、やむなし」くらいでいないと、ストレスフルな結びつき性が続いていきます。

どこかでクールになれたほうが、相手を受け容れるのも楽チンに。



夫妻は「籍を入れるしたから、それで終わり」ではなく、互いが努力してこそ成り立つ関連です。

気に入らない事があっても、双方がどこまで努力可能なかによって、家族結びつきの喜び度ってかなり移ろいます。

どっちか片方だけが努力する結びつきだと、すきま風も吹きやすい!。

どんなに適合性がいい相手と結婚しても、円満な家庭暮らしを築いていくためには折り合いをつけての連続です。

なので、どっちがどこまで歩み寄れるかによっても、夫妻の結びつき性は大きく移り変わりします。



夫妻は、元来は他人同士のふたりが家庭を築いていくので、そこに信用がないと、とにもかくにも無惨な結びつきにもなりやすいです。

信用がない結びつきだと、疑心暗鬼にもなりやすく、相手を疑ってばかりの虚しい結婚暮らしを送るハメに……。



「カミさんとは10年以上、ご無沙汰です」(52歳男性/経営者)「カミさんとは、ぶっちゃけ10年以上、ご無沙汰ですね〜。

10年前から居宅を新築したのを機会に、寝室も別々にしたんです。

もはや、する気にもならないですね。

外では、ちょっとしてるんですけど……。

妻には必ずナイショです」。

40代や50代になると「避妊していない」「懐妊しないから平気だよね?」って家族もかなり多くなるような印象ですが、こればっかりは神様が決める事。

なので、40代で懐妊!という展開だって見込みゼロではないだけに、望まない懐妊を避けるならば、なんとなく避妊は大事です。

他方、すでに「生理が上がった」という時には、つまり「懐妊しない」というわけなので、避妊をせずにエッチだけを楽しむのも、アリという事に。

さて、皆様は40代、50代になったケースに如何なる家族でありたいですか?。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



    スポンサードリンク

    話題まとめHOT

    当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


    Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.