最悪、死の危険も!ぜひ覚えておきたい子供の熱中症予防と対処法3つ

暑くなってくると気になるのが熱中症対策。
特に子供が小さい頃は気を使いますよね。

元々子供は体温が高い上に、体が小さく熱が外に逃げにくいので、
お父さん、お母さんは十分に注意してあげる必要があります。

本日 1pv

合計 1200pv


スポンサードリンク

  出典 ha-hunomama.net

暑くなってくると気になるのが熱中症対策。
特に子供が小さい頃は気を使いますよね。

元々子供は体温が高い上に、体が小さく熱が外に逃げにくいので、
お父さん、お母さんは十分に注意してあげる必要があります。

熱中症は起こってからでは遅いので、十分に熱中症対策をして
熱中症が起きる前に必ず防ぐようにしましょう。

熱中症対策スプレーと熱さまシートなどの冷却シートはどちらも応急処置に必要なものです。
ただ、この二つさえあれば大丈夫というのも大きな間違いです。

一番よいのは熱中症対策スプレーや冷却シートを使う前に
頭に直接日光があたらないように必ず、帽子をかぶせてあげるようにし
そして 木陰などでマメに休憩を取るようにすることです。

もちろん水分補給も忘れずに。

それでも症状が出てしまった場合に備えてスプレーや冷却シートも用意しておくべきなのです。


特に頭は頭蓋骨に覆われており、熱が逃げにくい構造になっていますので
帽子は絶対必要です。

ちなみに熱中症対策スプレーも冷却シートも冷却という効果自体には変わりありませんので
使いやすいほうで構いません。ここはお父さん、お母さんの使い勝手で決めて頂いて構いません。

個人的には熱中症対策スプレーの方が使い勝手がいいですね。

熱中症対策スプレーや冷却シートの注意点としては、
冷却シートは使いすぎると皮膚がかぶれてしまう可能性があるという事です。
子供の皮膚は敏感ですからね。

また、スプレーもですが、使い続けて身体を冷却し続けると
自律神経のバランスを崩してしまう事も考えられます。

どちらにしろ、多様は禁物ですね。


  出典 www.kobayashi.co.jp

子供用熱さまシートは実は最近、中国でも大人気。
売り切れる前に早めに手に入れておくのが良いかも。

熱中症対策として帽子は必須ですが、服装も出来る限り涼しい恰好をさせてあげて下さい。
ただ、ランニングのようなむき出しのものよりは襟、袖がある服の方が良いですね。


  出典 pucchi.net

熱中症対策グッズがなく、万が一熱中症の症状が
でてしまった時はタオルに冷たい水を含ませて、
冷やしてあげたり、体を拭いてあげましょう。

そのためにもタオルは常に持っておいたほうが良いですね。
遊ぶ場所での水道の位置も事前に把握しておきましょう。

いざ、熱中症になってしまった場合は一分一秒を争います。
備えあれば憂いなし。

事前の熱中症対策のチェックは非常に重要になりますよ。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.