6月14日はABO血液型を発見したカール・ラントシュタイナーの誕生日

カール・ラントシュタイナーは、オーストリア・ハンガリーの病理学者、血清学者。ABO式血液型を発見した。1868年6月14日生まれ、 1943年6月26日没。

本日 0pv

合計 1753pv


スポンサードリンク

カール・ラントシュタイナー(Karl Landsteiner)はオーストリア・ハンガリーの病理学者、血清学者で、ABO式血液型を発見したことで有名です。

彼は他人同士の血液を混ぜると血球が集まって塊になること注目して、その原因を確かめるために自分と弟子達の血液を分離して混ぜたところ、塊ができる組み合わせとできない組み合わせがあったことから、この組み合わせをABCの3種にグループ分けしたそうです。

これがABO式血液型の始まりで、この発見によって輸血の死亡事故が激減したといいます。

  出典 Googleロゴのカール・ラントシュタイナーって誰? | トリビアルニュース

  出典 cdn.amanaimages.com

ラントシュタイナーはウィーンでユダヤ人として生まれた。父は、記者・新聞編集者・法学博士のレーオポルト・ラントシュタイナー(Leopold Landsteiner)。父親とは6歳のときに死別し、母ファニ・ヘス(Fanny Hess)によって育てられた。 1891年にウィーン大学で医学の学位を取得し、ドイツのエミール・フィッシャーらの下で学んだことにより化学にも精通していた。
1900年にABO式血液型を発見、翌1901年11月14日に論文を発表。なお、ラントシュタイナーが発見したのはAB型以外の3つであり、発表時点ではA型、B型、C型としていた。これにより、1930年にノーベル生理学・医学賞を受賞している。
1908年にウィーン大学の病理学の教授となり、同年ポリオの病原体、ポリオウイルスを発見した[1]。1916年にはヘレン・ヴラスト(Helen Wlasto)と結婚し一人の息子を儲けた。その後、第一次世界大戦のため、オランダへと移った。
1922年にニューヨークのロックフェラー研究所に加わり、1937年にはラントシュタイナーとその弟子アレクサンダー・ウィーナーでRh因子を発見。この間、アメリカの国民となり、1939年に退職後も終生をニューヨークで過ごした。1943年、実験室において心臓発作で死去した。

  出典 Wikipedia

  出典 blogimg.goo.ne.jp

  出典 challengers.terumo.co.jp

  出典 tetsujin.hiho.jp
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.