SMAP以外のジャニーズ4グループも解散の可能性?

SMAP以外のグル-プに解散のうわさが・・・

本日 0pv

合計 1622pv


スポンサードリンク

今年、デビュー25周年を迎えた国民的アイドルグループSMAPだが、12月31日をもって解散することを発表。5人は来年以降もジャニーズ事務所に所属し、ソロ活動を続けていくという。
 SMAPはそれまでの男性アイドル像を変えたグループだ。それぞれが個性を発揮しながら幅広い活動をこなし、グループ活動となるとひとつにまとまる。バラエティ番組にも進出し、気取らないカジュアルさを持ち合わせている。とにかく”かっこよければよい”とされていたアイドル像の枠をぶち壊し、身近なお兄さん的存在まで幅を広げた先駆者となった。
 この自然体の姿を見るにつけ、誰もが「SMAPって永遠にSMAPなんだろうなあ」と思っていたに違いない。ところがどっこい。どうやら解散するらしい。なぜだ。本当のところは本人たちのみが知るところだが、事務所内、グループ内での内紛があったという話を聞く。それだけではないと思う。もうひとつ、“ミッドライフ・クライシス”という理由があったのではないか。
 ビジュアル的にも体力的にも精神的にも衰えていく年齢にさしかかる40代。この世代になると、新しい価値観が受け入れられなくなる。思ってもみない葛藤が生まれることもある。これが“ミッドライフ・クライシス”と呼ばれるものだ。
 さらに、この世代になるとなんでもがむしゃらにやれば済む年齢でもない。個人の歌手活動であればまだしも、男性アイドルは何歳になっても“かっこよさ“を求められてしまうのである。
 物事には“表”と“裏”がある。アイドルという稼業は“表”の仕事。人間は人生の前半はステータスやお金をたぐりよせるなど、強みを前面に押し出して切り開くことができる。後半になっていくと、その強みだけでは乗り切ることはできない。自分の考えと自分の置かれた立場に差が生まれてしまうこともある。
 SMAPのグループ年齢差は大体5歳くらいである。10代での5歳差は雲泥の違いだが、40代の5歳差は大して変わらない。人間関係に亀裂が入ったとすれば、コミュニケーション面でなにかしらの配慮が足りなかったということも考えられる。肉体的にも精神的にもぎりぎりのところでやっているのが40代男性アイドルなのだ。
 では、今いるほかのジャニーズアイドルはこの“ミッドライフ・クライシス”、いわゆる“40代の壁”を乗り越えることができるのだろうか。“永遠のアイドルグループ”は存在し得るのであろうか。
■嵐
 SMAPの方向性に最も近いのが嵐である。人数も同じ5人組であり、バラエティや俳優業と活動の幅を広げているところも似ている。ただ、違うのは嵐には既婚者がいないということ。既婚者と独身者の間には確実に分け隔てる壁が存在している。住んでいる世界観や人生観が違う。共通の話題も少なくなる。
 また、嵐の年齢差は約2歳。さらに松本潤、二宮和也は同い年なのだ。ということは先輩後輩の差がほぼ生じない。きっと10代のころから揃って成長し同じ感覚で30代に突入したのではないか。となると、誰かが結婚する。または、40代になって“期するもの”を感じてしまったメンバーが脱退を申し出る。こういった小さなズレが生まれてしまうと、解散してしまう可能性は高いのではないだろうか。
■TOKIO
 TOKIOもSMAPや嵐と同じようにバラエティ番組や俳優業に進出しているグループだ。最年長の城島茂は45歳、最年少の長瀬智也は37歳。今まさに40代の壁に突入しているような状況であるはずだが、彼らからは解散の危機は感じられない。なぜだろうか。彼らを純粋なアイドルグループと捉えると違和感が生じる。その前にバンドマンなのだ。
 ダンスグループは同じフリを覚えなければならないが、バンドはそれぞれの役割が違う。歌でメインを張るのもひとりなのでグループ内で能力を比較されることも少ない。結婚したのは国分太一と山口達也で、山口は先頃離婚してしまったが、その一軒もあまり話題にものぼらない。どこか彼らからは“マイペースさ”を感じる。ハナから彼らには40代の壁など存在していないのかもしれない。
■V6
 30代以上のジャニーズ・アイドルグループというと、V6がいた。昨年20周年を迎え記念ツアーも行った。音楽シーンでは派手な活動をしているわけではないが、岡田准一を中心に俳優として映画や舞台に引っ張りだこだ。NHK『あさイチ』キャスターを務める井ノ原快彦、手話を操る三宅健、料理をする坂本昌行など、地道な活動も評価されている。ほかのジャニーズ陣ほど強いグループとしての印象がない分、それぞれが細々とやっていきそうな気がする。
■少年隊
 そういえばもう1組、忘れてはいけないグループがいた。ジャニーズ最長の活動歴を持つグループ・少年隊だ。全員が50代の大台(東山は9月30日で50歳)に乗っているにもかかわらず、解散をすることなく、全員が一線で活躍している。
 長くグループ活動を行うことについて錦織一清は「僕らは無干渉。干渉しない」とそのスタンスを明かしており(=オリコンスタイル 2016.9.1)、東山紀之は「少年隊としては8年ぐらい活動していないけど、縁あってグループを組んだ。グループがなかったら、ソロでは生きていけなかった」と発言している(=スポーツ報知 2016.8.20)。40代を超えた男性アイドルグループは、表舞台からはうまくフェードアウトしつつも、要所要所でグループ活動を行うくらいが長続きするにはちょうどいいのかもしれない

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.