スポンサードリンク


方意



  出典 chinese-kampo.com

暑気あたり、日射病、熱射病、風邪、糖尿病、かゆみが強い皮膚疾患


白虎湯に人参一味を加えたものである。白虎湯証に似て、熱と渇が主症状であるが発汗が盛んで、津液が欠乏し、少しく寒気も覚える。煩渇し乾燥脱水の著しい者に用いる。
病位は陽明経病、裏熱実証。
脈は洪大。
舌は乾燥、白苔か黄苔。

【診断のポイント】
・口渇、多汗、尿白利
・脈洪大
・皮膚灼熱感、脱水、軽い寒気


証、病機、主治など



気分熱盛・津気両傷
  出典 ハル薬局
治法⇒清熱瀉火・生津止渇・補気

白虎湯証。ただし汗多く、脈大、無力等の津気両傷の証、と出汗、背中にやや悪寒、身熱口渇等の暑病の津気両傷の証。
  出典 薬膳情報.net
風寒が化熱して裏に入るか風寒が裏に直入して化熱し、陽明(胃腸)で燥熱が熾盛になって散漫する陽明熱証、あるいは湿邪が裏に伝入し、肺胃熱盛を呈する気分熱盛であり、後世には大熱、大汗、大渇、脈洪大の四大症状を特徴とする病態として概括された。


保険適応、効能など



のどの渇きとほてりのあるもの
  出典 ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)


処方構成



  出典 matomail.biz

清熱生津、益気


本方は白虎湯証の熱盛の後、陽気と津液が損傷されたものであるから、白虎湯に補気生津の人参一味を加える。
白虎湯、白虎加人参湯は温病では気分にある熱を清する処方の代表である。


方義




清熱瀉火、滋陰潤燥



清熱瀉火、除煩止渇



大補元気、補脾益肺、生津止渇、安神益智



補脾益気、潤肺止咳、緩急止痛、緩和薬性



養胃健脾


処方鑑別



白虎湯
悪寒がなく、煩熱、口渇、発汗が著しい。脈は浮滑あるいは滑数。

五苓散
口渇、発汗、小便不利および水逆の症。

八味地黄丸
軽度の口渇、尿異常(小便不利あるいは頻尿)、小腹不仁、足腰の脱力と冷え、脈沈微。

温清飲
体力中等、身体に熱感はあるが発汗や口渇はない。皮膚は乾燥。

引用元:http://sharetube.jp/article/5906/


参考リンク



・ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)
http://sharetube.jp/article/5906/

・生薬のブログ: 生薬一覧
https://ktuasmuar3i.blogspot.jp/p/blog-page.html

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.