【空手】世界選手権、連覇の清水希容がカワイイ

世界選手権での個人形の部で、女子の部は 清水希容(22・ミキハウス)が二連覇を果たした。4年後の東京五輪で金メダルが期待される。

本日 1pv

合計 2098pv


スポンサードリンク

  出典 rr.img.naver.jp

【リンツ(オーストリア)=共同】2020年東京五輪の追加種目に決まった空手の世界選手権第4日は29日、オーストリアのリンツで行われ、組手で男子84キロ級の荒賀龍太郎(荒賀道場)と女子68キロ超級の植草歩(高栄警備保障)がともに初の金メダルを獲得した。

 前回、前々回大会2位の荒賀は決勝でアゼルバイジャンの選手に5―0で完勝。過去2大会3位だった植草はギリシャ選手を2―0で下した。初出場だった女子55キロ級の山田沙羅(大正大)は3位決定戦でイタリア選手を倒し、銅メダルに輝いた。

 形の決勝の男子は喜友名諒(劉衛流龍鳳会)がスペインの選手に5―0で勝ち、女子も清水希容(ミキハウス)がエジプトの選手を5―0で退けて金メダルをつかみ、ともに2連覇を達成した。


  出典 www.jiji.com
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.