スポンサードリンク

実際に行ってみた。

映画「南極物語」でおなじみのカラフト犬タロの姿を求め、北海道大学北方生物圏フィールド・科学センター植物園に行ってみた。


  出典 matomail.biz

  出典 matomail.biz

森の中にポツンとたたずむ博物館


  出典 matomail.biz

動物分類展示フロア

植物園の中にある博物館には、さまざまな動物のハク製が所狭しと並んでいる。

と、その中に・・・・・・。


  出典 matomail.biz

いた。


  出典 matomail.biz

証拠のプレート


  出典 matomail.biz

そのたくましい四肢


  出典 matomail.biz

そして純粋な瞳

南極から戻った今も、タロの勇姿は変わらない。

【補足トリビア】
①タロは生きて南極から戻った後、北海道大学の植物園で飼われていたため、現在もそこに保管されている。

  

出典 Youtube

トリビアの泉 #15 タロは今、ハク製になっている。トリビアの泉
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.