肌がカサカサする時は如何にしたらいいの そのきっかけと改善技術とは

真冬の季節や暮らし環境によって、お肌が乾燥してカサカサする!なんてトラブルに頭を抱える女性は多々ありますよね

とくにそもそも乾燥肌の人は一年中辛いカサカサ、ピリピリに悩んでいるのではないでしょうか?加齢やメイクによって肌トラブルは女子の永遠の宿敵とも言えますね

本日 1pv

合計 939pv


スポンサードリンク

@yuchikopanda 最近ね、肌がカサカサしすぎて黒い下着に粉がついちゃうの

Wed, 03 Jan 2018 17:42:25 +0900

貴方は家に帰って一番目にする行動はなんですか?疲れて帰宅したからといって、まっすぐ絨毯に寝転んで一休み…なんて事、していませんよね?肌が美しいで著名なタレントや女優は、美容法として最も手軽になのが、「一日の化粧をびしっと落とす事」と答える事が多々あるです

メイクをしている様子とはそれだけ肌にダメージを与えているんです 

そのような美意識の高いタレントや女優は、「帰ったらバスルームへ直行する事」を大事にしています

定期的の業務が忙しく疲れていても、肌の事を第一に考慮するのなら、帰宅後はできるだけ早くメイクから肌を解放してあげましょう

造作なくに聞こえますが、一日も欠かさずできているかと聞かれると、予想以上にできていない人は多々あるようです

スキンケアに大事なのは、定期的の習性として続ける事なのです

ピリピリ、カサカサな肌を改善するには、きめ細かい泡が必須です

きめ細かい泡は、乾燥を悪化させる、「毛穴の汚れ」を充分に吸着してくれるので、戦いは顔を包む泡作りから始まっています

自らの手で泡立てていただいてもかまいませんが、キッチリと洗顔するのであれば、「泡立てオンライン」や「スポンジ」の使用を推奨します

では泡立て流れをご解説します

濡らした泡立てネットやスポンジを利用し、洗顔料を一度に泡立てます

他にもふわふわホイップを「く」の字形に丸めた片手に整理ます

反対の手の指を泡立て器型にマッチし、そして泡立てます

手の平を下にに向けてもふわふわホイップが重力で落ちないくらい、もっちり泡立ててくださいね

これで泡は完了です

真っ先にここで重要なのは、顔を洗う場合のすべての過程で、洗っている手や指が顔に直接触れないように洗う

決してゴシゴシと皮膚に力を入れて洗うような事はしてはいけません

では先ほどのふわふわホイップを使った洗い方をご解説します

おでこ、まぶた、鼻、両頬、あごの5つの秘訣にふわふわホイップを乗せ、顔総体に優しく広げます

各パーツごとに両手の指の腹で、くるくると小さい円をいろいろ描くように泡を動かす感覚で洗ってください

先ほども言いましたが、洗う場合は皮膚に力を入れず、やさしくくるくると指を動かしてください

洗い流すときは、手を顔に触れさせないような想いで、ぬるま湯をぱしゃぱしゃと顔にかけてください

お風呂で洗顔する時(シャワーのケース)は、手を使わず、水圧だけで流してください

その場合、シャワーの水圧が強すぎると肌へ良くない刺激を与え、ピリピリ肌へとつながってしまいます

弱めにすり合わせして優しく流してください

お湯の温度は熱すぎると、必須以上に皮脂を流してしまったり、角質を取りすぎてしまい、皮膚にダメージを与える事も

顔を洗う温度は30〜32℃くらいがベストと思ってください

洗顔中はどの過程もゴシゴシと泡を落とさないようにしてくださいね

そして、洗顔料を流し残すと、ピリピリ肌など、トラブルのきっかけになります

髪の生え際などを落とし切れていない事もありますので、回数を多めに充分に流してください

他にも、最後のタオルも強く拭くと皮膚を傷つけてしまいます

タオルでこするように水分をふき取るのではなく、顔の皮膚からタオルで勝手に水分を吸収するような、こすらない拭き方を心がけてください

そもそもがピリピリ乾かす肌の人は、洗いすぎるのもあまり肌によくないのです

その訳は肌の油分が不可欠な量まで失われてしまい、皮膚に潤いがなくなってしまうからです

その上、前日の夜のスキンケアでちゃんと保湿し、皮膚の奥から表面まで充分に染み渡るした美容成分も一緒に流れてしまっては宝の持ち腐れだですよね

ですので洗顔は夜だけにして、朝は洗顔をしない方がいい人もいるでしょう 

朝起きたらさっぱりタイプの化粧水をたくさんコットンに染みこませ、そっと拭くとさっぱりするかと考えます

必然的に汚れが引っかかる方は、軽くぬるま湯(30〜32℃)で洗い流す程度にしてください

そのケースは当然、化粧水で充分に肌を保湿して潤いを維持するようにしてください

スキンケアを思いめぐらす 上で大事な事のひとつが「ちゃんととした保湿」です

重要なのは、肌が乾燥している時を作らない事です

洗顔後、タオルに顔の水分を吸収させてデフォルト時が経つと、そのあとどんなに化粧水を塗ろうが保湿影響は薄くなります

なるべく肌が乾燥している時を作らず、顔を拭いたらもうに化粧水で保湿してください

では化粧水の彩色方をご解説します

両手の平を軽く当てはめ、手を体温で温めてください

化粧水をこぼれない程度にふんだんとって両手の平でなじませます

一番目は最高乾燥を感じやすい頬を両手の平で保湿します

同じように化粧水をとり、目元を手で温めながら保湿します

それ以外も同じように保湿し、最後に首やデコルテも整然と保湿しましょう

やり方を終えたら潤いを閉じ込めるため、直ちにに美容液か乳液を塗布してください

「マックスファクター SK-II フェイシャルトリートメントエッセンス」です

お値段高めではありますが、保湿力など諸々な面から見て非常に成果の高い化粧水です

ガチで肌トラブルを改善やりたい人にはベストチョイスのアイテムです

冬場は乾燥するため、加湿器を使用している人も多々あるかと考えます

住宅に加湿器がある事例は加湿器を寝室に置いて寝る事がベストチョイス

寝ている間に喉の乾燥だけでなく、肌のピリピリとした乾燥からも守ってくれます

さらに、法人などでも、この頃はデスクにおける大きさの加湿器もあるようです

置いても良さそうであれば使用する事をイチ押しします

家に加湿器がなかったり、法人で加湿器は使用できない!なんていうケースはマスクをするのも乾燥から肌を守るのには影響的です

スキンケア後のうるおいを一晩中充分にと保ち、風邪の阻止に加えて乾燥じわの防止やくちびるの乾燥なども防止してくれます

マスクで保湿する時は定期的マスクを取り換えてください

「肌は内臓の鏡」と言われているのをご存知ですか?栄養バランスの悪い食生活は、内臓が弱ったり血行が悪くなる事に繋がり、サインとして肌荒れなどが顕著に現れます

おそらく貴方が思っている以上に、食生活が完成させる体内環境は、肌に影響を与えているのです

素敵うるうるもちもち肌のためには、バランスの良い食生活が大事

主食である炭水化物や主菜(肉・魚・卵・大豆食品)、副菜(野菜、海草類、きのこ類)など、栄養を考慮し、バランス良く食事を摂りましょう

けれども最近は、食の欧米化が進み、栄養のバランスが乱れつつあります

それに伴い、慢性的な肌荒れに葛藤する女子も増加しているのです

初めに定期的の食生活を再検討してください

次は肌酸」を含む食べに良い食べ物を具体的にご解説します

ひと言に「肌に良い食べ物」と言っても、挙げきれないほど多くの食べ物がありますので、今度はその中でも代表的なもののみ挙げさせていただきます

乾燥肌を改善したい事例は、保湿を助ける「ヒアルロン酸」を含む食べ物を食べると成果的だと言われています



ヒアルロン酸は、鳥などの動物の軟骨やフカヒレなどに多く内蔵されています

他にも、先ほども解説した通り、新陳代謝が悪いと肌を素晴らしいにキープする事ができません

ですので新陳代謝を良くする「亜鉛」も、カサカサ肌を改善するには必須な栄養素です

亜鉛を多く含む食べ物は牡蠣、ほたて、卵、納豆などがあります

「運動不足」はピリピリ乾燥肌を進行させる事をご存知の方は少ないと考えます

運動不足は新陳代謝が落ちるきっかけになります

新陳代謝が悪くなると体内の老廃物がたまっていき、皮膚にも潤いがなくなってしまうのです

そして、同じ訳で肌のバリア性能も失われていきます 

そうなると、定期的キッチリと保湿をしていてもどんどん水分がなくなり続けてしまうという状況になってしまいます

「今頃運動していないな……」と思う方は、室内で可能な軽いストレッチからでもいいのでとりかかる事を推奨します

メイク落としから洗顔の仕方、化粧水の使用技術まで、採り上げるのはカサカサピリピリ肌の改善手段について整理させていただきました

毎朝自らのすっぴん肌を見てうんざりしたり、していた人も、続けてみるとカサカサ肌とさよなら可能なかもしれません

しかもメイクのノリが変われば一日の始まりがさらに気分よく開始出来られるのではないでしょうか?

定期的の事ですので厄介に感じたりするかもしれませんが、スキンケアは定期的の積み重ねがデフォルト結果として現れるものです

肌に悩んでいる方はちょっとの手間を惜しまずに、どうぞ、あるべき姿のうるうるもちもち肌を手に入れてください

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.