本日 0pv

合計 170pv


スポンサードリンク


方意



  出典 matomail.biz

ストレスの多い現代人の胃を助ける漢方の良薬。

冷えによる心窩部痛および腹痛に対する方剤である。冷え症、やせ型の胃弱タイプのうち胃痛、胸やけなどのある者に用いるとよい。
病位は太陰(脾)。
脈は沈弱、ときに遅。
舌は淡白湿潤、薄い白苔をみる。

【診断のポイント】
・胃弱、冷え性
・心下痞と圧痛
・胃痛(空腹時)
・甘いものを好む


証、病機、主治など



胃寒実
  出典 ハル薬局
胃中の冷えによる病態。

脾陽型の胃痛(慢性潰瘍など)/裏寒の疼痛/胃寒(寒痛)証(胃に寒邪が侵入)
  出典 ハル薬局


保険適応、効能など



やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛または腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う次の諸症:
神経性胃炎、慢性胃炎、胃アトニー

  出典 ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)


処方構成



  出典 matomail.biz

温陽散寒(陰陽調節)


方義




発汗解表、温通通陽
桂皮(辛甘大熱)を用いる。血脈を疏通し、営衛の風寒を去り腹中冷痛を治す。内臓を温める作用が強い。



活血、行気、止痛
鎮痛作用、鎮痙作用が強い。



散寒止痛、理気和胃
健胃作用と鎮痛作用を有す。(気を理め、胃を開き、亦寒疝を治す。)



平肝潜陽、軟堅散結、収斂固渋
制酸止痛、胃酸を中和し鎮痛に働くので呑酸胃痛を呈するものに用いる。



散寒止痛



化湿、行気、温中、安胎



補脾益気、潤肺止咳、緩急止痛、緩和薬性
急迫を徐し、健胃補脾作用。


処方鑑別



人参湯
冷え性で、血色がすぐれず、胃腸が弱く下痢しやすく、口中にうすい唾液がたまり、うすい尿を出し、時に腹痛を訴える場合に用いる。(裏寒に対する基本方)

六君子湯
胃陽虚弱で顔色が悪く、心窩部の振水音が著明で、胃部膨満感、食欲不振、倦怠感、手足の冷えがあり、腹痛をあまり訴えない場合に用いる。(脾虚痰飲)

四君子湯
六君子湯に比べ、一層体力が衰えている場合に用いる。(気虚の基本方)

茯苓飲
安中散に比して体力がある場合で、心窩部の浸水音(胃内停水)が著明であり、胃部膨満感、食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけなどを訴える場合に用いる。(胃の痰飲)

平胃散
比較的体力のある人で、鼓腸、食欲不振、心窩部の膨満感などを訴える場合に用いる。(脾虚、湿濁内盛)

五積散
胃薬に用いることもあるが、経絡の中寒の方剤で裏寒の症状より、表寒の症状が強い。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯
血虚と陽虚があり、寒邪により四肢の冷えが強く、それが裏にも及んだ場合である。(血虚受寒)

引用元:http://sharetube.jp/article/5906/


参考リンク



・ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)
http://sharetube.jp/article/5906/

・生薬のブログ: 生薬一覧
https://ktuasmuar3i.blogspot.jp/p/blog-page.html

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.