長澤まさみ 噂の舞台「キャバレー」

妖艶衣装4種を全キャッチ

本日 1pv

合計 3730pv


スポンサードリンク

長澤まさみ(29)主演で、上演される「キャバレー」の模様を、そのつど報じてきた。が、ついに完成した本番用衣装を独占キャッチ。「長澤見えちゃうよ!」と懸念されるほどの“布面積”に、当人は赤面しながらもやる気マンマンだという。
 長澤主演で来年1月に上演予定のミュージカル「キャバレー」。本番では主題歌「キャバレー」など、メインボーカル曲だけで5曲を歌い上げる予定だ。
 身にまとうのがランジェリー風の衣装であることを、これまで報じてきた。だが、出来上がった衣装を見ただけで鼻血が出そうと、ある舞台関係者が明かす。
「あれは衣装というより、完全に『下着』です。4着全てがカップブラの下からおヘソまで、シースルーのスケスケでした! 色は黒、ベージュ、黒×赤、紫×黒とどぎつい配色でしたね」
「キャバレー」どころか「ストリップ」、いや売れっ子ソープ嬢を思わせるほど。ベテランの舞台関係者さえ、
「全裸よりもよほどエロチックですな‥‥」
 と、鼻の下を伸ばしっぱなしだという。
 しかも、下半身方面は、上半身を完全に打ち負かすほどの過激さで、前出・舞台関係者がこう続ける。
「足を覆うのは網タイツですが、色は黒とベージュが用意されました。問題はパンティ。下を何かで覆ったりせず、直に着用する予定です。色は光沢のある黒なのですが、いわゆる『見せパン』を超えた、『見てパン』になっています」
 何より目撃者たちの“劣情”をかきたてたのが、パンティの形。股間部分の「V」は、「I」と表現せざるをえないほどだったのだ。
「秘部への食い込みどころか、『長澤、具が見えてるよ!』というほどの衝撃的なものでした。舞台は生ですから、どんなハプニングが起こるかわかりません」(前出・舞台関係者)
 これらスケベ衣装を用意された長澤が、本番で立つだけのマネキンと化すかというと、さにあらず! 危険地帯に突入するがごとく、過激に踊りまくるのである。別の舞台関係者がこう証言する。
「ダンスもおとなしいものではありません。ジャージやレオタードでの練習を見るかぎり、お尻をクネクネと左右に振って歩いたり、くねらせた踊りです。脚を上に上げる形の開脚場面は、間違いなく用意されていますね」
 現在までのところ、長澤がこれら本番の衣装を着けて稽古した、という証言は得られていない。だがすでに試着はしたようで、長澤みずから着心地や、動けるか、どこまで脚を上げることができるか、などのチェックをしたようだ。当の長澤は、その衣装を見て、
「これって、ちょー見えて、想像させる衣装なのね!」
 と赤面するばかりだったという。さらには、
「ライザ・ミネリさんの衣装を見ましたが、こんなのばっかりじゃないのに‥‥私のは全部なんだもん」
 と、こぼしたとも。
 ちなみに長澤の言う「ライザ・ミネリ」とは、1972年に公開された映画「キャバレー」で主演を務めた女優である。御年70歳だが、この演技が評価され、翌年のアカデミー賞主演女優賞と、ゴールデングローブ賞主演女優賞をダブルで受賞している。
 このエピソードを知れば、今回の舞台に賭ける長澤の本気度は明らかだ。
 用意された衣装の中にはドレスもあるが、ストラップレスにするなど、常に“露出係数”が最大になるようにデザインされているという。一度は恥じらった長澤だが、女優魂が触発されたのか、
「私がこういう衣装で踊っている姿を見て、セクシーと思ってくださる人がいればうれしいです」
 と、発言したという。
 こうした事前報道の効果もあって、チケットの予約問い合わせで電話がパンク状態になっている。年明けには、最前列で、長澤の「ハプニング」を見られるか──。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.